エイムブログ「スリーミニッツ」

ゆるトレ~ストレッチのすすめ~

こんにちは!フィットネスクラブエイムです。
人は座っている時間が長いほど、寿命が短くなるって知ってましたか?
座る時間が一日4時間以上になると、健康被害リスクが%アップ…!率先して立つ、歩く、など行っていきましょう。

その中でも、ストレッチは「道具もいらない」「場所もとらない」「誰でもできる」、というストレッチは、運動前後に行うことで、準備運動と整理運動も兼ねることができ、比較的取り組みやすい運動の一つです。
準備体操では「アクティブストレッチ」とも言われる動くストレッチをお勧めします。
軽くジャンプをしたり、肩をグルグルまわしたり…という動きです。これは関節の可動域を広め、体温を上昇させやすくし、筋肉が柔軟に動くようにするストレッチ。むくみや肩こりが気になるときにも、全身の血流をあげるのでオススメです!


動きやすさが全く違います!

そして、運動後の整理運動として取り入れたいのは「静的ストレッチ」と言われる、いわゆる皆さんがイメージする「ゆっくりしたストレッチ」です。
特に運動後は、筋肉が収縮している状態です。筋肉が収縮する、というのは力を発揮するために必要な動きですが、このままにしておくと固く柔軟性のない筋肉になってしまいます。ハードトレーニングを行った後には、筋肉痛が激しくなる場合もありますので、運動後はゆっくり筋肉を伸ばすようなストレッチを行いましょう。


どのストレッチも、絶対的ルールは「呼吸を止めないこと」です!
以前も3minutesにありましたが、呼吸を止めると血圧がぐんと上がります。特に反復動作を行う時には、息を吸って「止めて」しまうことが非常に多くなります。
呼吸は「吐くこと」で次の「吸う」ことができますので、吸って止めるだけでは、酸素も体にうまく取り込めないことに。
酸素は燃焼のために必要なものですので、脂肪燃焼やダイエット目的の方は、特に深く呼吸をすることを意識してくださいね!

Enjoy! Fitness Life!!


関連記事

疲労感をよくするストレッチ方法

座ってる時間が長いと、死亡リスク増!?

体が固くてもOK!ヨガポーズのポイントは?

平均寿命と健康寿命の差、10年をどう縮めるのか?

話題のリファのシャワーヘッドっていいの?~スタッフ体験日記~

夜遅い食事…様々な健康リスクが!注意点は?

最新記事

人気の記事

年別アーカイブ

タグ