日常生活から考えられる冷え症の原因とは?


■日常生活から考えられる冷え症の原因とは?


栄養が偏った食生活によるエネルギー不足


栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、冷え症になります。

極端な食事制限によるダイエットも、体温の元になるビタミンやミネラルが不足し、冷え症の原因になります。


きつい下着や露出の多いファッションによる血行不良


体を強く締め付ける下着は、血液の流れを悪くするので、冷え症の原因になります。

また、ミニ丈のボトム、ローライズジーンズ、素足にサンダルやパンプスなどの露出したファッションも、冷え症の原因になることがあります。


空調の効かせすぎによる自律神経の乱れ


人の体は、自律神経の働きによって一定の温度に保たれています。

しかし空調の効かせすぎによって室内外の温度差が激しくなると、自律神経の機能が乱れ、体温調節がうまくできなくなり、冷え症を引き起こすことがあります。

女性ホルモン(エストロゲン)の乱れによる血流作用の低下


女性ホルモンは、女性の心と体をコントロールしています。また、手足の先に行く細い血管を拡げて、血流を多くする作用もあります。

そのため、ストレスや更年期などによって女性ホルモンの分泌が乱れると、血行の悪化や卵巣の機能低下を招き、冷えをはじめ、生理痛や生理不順などのトラブルが起きやすくなります


■日常生活でできる冷え症予防法とは?


入浴で血行を良くする

38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。

入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。

お風呂から上がったら保温性の高いインナーや冷え症対策用の靴下などで熱を逃がさないようにしましょう。

朝食をしっかりと食べる

運動が冷え症に効くのには3つの理由があります。

  1.  運動すると血の流れが良くなり、新陳代謝がたかまるから
  2.  運動すると汗をかく→汗をかく汗腺が活発になって皮膚の働きが良くなるから
  3.  運動すると筋肉の刺激で自律神経の働きが良くなるから

体中の筋肉を働かす全身運動が一番ですが、時間がないことも多いはず。

そんなときはどこでも簡単にできて、血行を良くする足裏のツボを刺激する運動がおすすめです。
足を軽く開いて立ち、両足一緒にかかとを上げ下げする背伸び運動を行いましょう。


座り仕事が多い場合は、仕事中に足元に小さいボールや空き缶などを置いて、足の裏で転がすと、足裏のツボが刺激され、全身の血行が良くなります。




投稿日時 2017年02月14日

1分でリラックス~デスクワークしながらストレッチ~

少しずつ肌寒くなってきましたが、身体がこわばってきていませんか?

今回は椅子に座ったままできる簡単なヨガポーズをご紹介いたします。

マットもスペースも必要ないので、仕事の合間にぜひ実践してみてください♪

■牛の顔のポーズ


・肩まわりのこわばりがゆるみ、上半身、顔まわりの血行を促進します。
・顔のむくみがすっきり。
・脚のリンパも刺激するので、下半身のむくみや冷えにも効果的です。



(1)椅子に深く座ります。左脚のひざを曲げ、ふくらはぎを太腿の横に沿わせます。

(2)右手を上から背中へ回し、左手で右ひじを引き下げます。
顔を正面に向け、ゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。
背中が丸くならないように。反対側も同様に行います。


■クロスした三日月のポーズ


・腹部コアの腹横筋を強化するポーズ。
・体を温め、冷えを改善します。
・肩まわりの血行もよくなるので、肩こりの予防、改善にも効果的です。
・ウエストのシェイプアップにもおすすめです。




(1)椅子に座り、骨盤を立たせます。おへそを引き上げながら腕を上げ、頭の上で両手をクロスして合掌。

(2)体を正面に向けたまま、上体をゆっくり右に倒していき、目線を左上に向けます。
ここでゆっくり呼吸を繰り返しましょう。反対側も同様に行います。


■三角のポーズ


・上体をねじることで効率よく内臓を刺激して、胃腸の働きを高めます。
・消化を促進し、お腹まわりをすっきり。




(1)脚を揃えて座り、胸の前で合掌。

(2)右ひじを左膝に当て、ひじで膝を押しながら上体を左にねじります。
両膝が離れないようにキープして。目線は左上に向けましょう。

(3)右手の指先を左脚外側へ下します。左手を天井の方へ上げ、目線を左上へ。
ゆっくりと呼吸を繰り返しましょう。反対側も同様に行います。


体がガチガチになると、頭や心もガチガチになってしまいます。

ほんの1分間のストレッチですが、体がゆるみ、脳の働きも活性化します。

ちょっと疲れたかなぁ、という時にやってみると、後半戦の仕事がよりはかどるかと思います。
柔軟な心と体で、忙しいこの季節を乗り切っていきましょう♪

担当:WOMENS FITNESS H&B



投稿日時 2016年10月31日

油断禁物!暑い夏だからこそ!体の芯は冷えているかも?


エアコンの冷房が効きすぎて寒い…。なにか対策を打たないと体調崩しそう…。

そんな職場環境に置かれている方、多いかと思います!!

■女性は身体の構造上冷えやすい!■

女性は男性よりも筋肉量が少なく脂肪が多い体質をしています。

筋肉は食べ物から得たエネルギーを燃焼することで体温を維持しており、筋肉量が少ない女性は男性より体温を維持することが難しく冷えにとても弱いのです。

子宮を守るため男性より脂肪が多い為、特に子宮まわりを温めることが大切です。
おなかまわりの脂肪が気になるのは、実は冷えが原因かも?です。

また、暑さにつられ冷たい飲み物ばかり飲んでいると、お腹が冷える上に心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。生野菜の摂りすぎも冷えの原因となります。

『こういう方は冷えからくる自律神経の乱れが考えられます』

  • なかなか寝付けない、夜はしっかり寝ているのに日中も眠い
  • イライラしたり不安になったり感情がコントロールできない
  • だるさ、頭痛、胃腸のトラブルといった体調不良
  • 生理不順、生理痛が重くなるなどの子宮関係のトラブル

『夏だからこそ、ホットヨガをおすすめしたい理由とは』
  • 汗を出す事により身体はより効果的に冷えるので外気が涼しく感じられます
  • 身体が熱の調整を行ってくれるので季節の気温や湿度の変化に対応しやすくなる
  • 夏場は気温が高い為、身体の筋肉がほぐれている状態なのでヨガのポーズも他の季節より、より深く軽やかにできるようになります
  • 普段からの身体の毒素を排出しやすくする効果もあり、夏バテを防ぎ、質の良い時間をあなたにもたらしてくれます。

■今年の夏はホットヨガで暑さに順応できる身体作り、夏の冷えを打破しましょう!! ■

「夏の冷え症、ヨガのポーズで解消しましょう!!」

【仰向きのがっせきのポーズ】


お腹をゆるめて腹式呼吸しながらリラックス。
骨盤内の血液の巡りを促します。
ポイントは手をお腹にあてながら行なう事で
呼吸と温かさを感じ気持ちよく呼吸することです。



【脚を休めるポーズ】


脚を高く上げることで静脈やリンパの流れを促して
むくみを解消してくれます。
お家では、ソファや椅子、ベットに脚を乗せて
リラックスして呼吸をしてみてください。
寝る前にオススメのポーズです。


外に出ると暑い、だからどうしても屋内の冷房が効いた部屋にこもりがちになってしまいますが、そんな夏こそホットヨガで汗をタップリかいて、体調を整えていきましょう!



投稿日時 2016年06月27日

本当はどんな意味?「知ってるつもり」なヨガ用語を解説!

■そもそも「ヨガ」って??その語源は。


「ヨガ」とは サンスクリット語の「ユジュ」が語源で「つなぐ」という意味です。

散漫になりがちなマインド(心)を体につなぎとめて、心と体をリラックスさせます。


ヨガクラスでよく使われる「アーサナ」という言葉は 、元々は瞑想のための安定した坐法を意味し、現代では「ポーズ」を意味しています。



■屍(しかばね)のポーズ


例えば、ヨガクラスの最後に「シャヴァ・アーサナ」というポーズを取ることがありますが、
これは「屍(しかばね)のポーズ」と言います。



これは、体の疲れを癒す、脳を休める、その日のヨガクラスでのポーズの効果を体の細胞に落とし込んでいくための時間です。

5分の「シャヴァ・アーサナ」が1時間の睡眠に匹敵するほどの回復力があるともいわれています。


■呼吸法


ヨガクラスでは呼吸も重視されていますが、「呼吸法」のことを「プラーナーヤーマ」と言います。

「プラーナ」は「呼吸」「生命エネルギー」のことです。

呼吸をしながら心を体へ向けることで、体の中のエネルギーを必要なところへと届けます。




■鳩のポーズ


難しそうに見えるヨガのポーズもたくさんありますが、自分の体に合わせてポーズを簡単にすることもできます。

例えば、ヨガの代表的なポーズ「カポタ・アーサナ」(鳩のポーズ)。



股関節、胸、肩などの柔軟性が必要なこのポーズ。
※なかなかはじめたばかりの方にはちょっときついポーズかもしれませんね。

そんな場合は、まずは「鳩のポーズ」のバリエーションの1つの片脚を後ろに伸ばしたポーズからチャレンジ。




これなら「私にもできそう!」と思っていただける方もいるのではないでしょうか?

ヨガのポーズには様々な種類がありますが、「ここまでできなければダメ」ということではないので、できるポーズから楽しくはじめましょう。

まずは「楽しむ」ことが一番!できそうなポーズから試してみてください。



WOMENS FITNESS H&B
中村


---------------------
【関連記事】この記事を読んだ人には他にこんな記事もオススメです。
脱! 冷え性女子!!
座ったままのヨガポーズ~オフィスでリフレッシュ~
---------------------


投稿日時 2016年02月29日

【mao's kitchen】味噌のチカラで免疫力向上スープ!


■風邪に負けない身体を!お味噌に再注目


めっきり寒くなってきて、体が冷えるこの季節。寒さや感想から風邪を引いてしまうことも。

今回は風邪の大敵である身体の冷えを防止して、免疫力が高まるスープのレシピをご紹介します!



投稿日時 2016年01月29日