春からはじめる!ショートパンツの似合う美脚トレのすすめ

きれいな脚に見せるポイントをしっかり押さえて、おうちや通勤時などでカンタンにできるトレーニング方法をお伝えします。
あっという間にやってくる薄着の夏に向けて、春からできる3ヶ月トレーニング!


春になってモコモコのダウンジャケットともしばしお別れの時期がやってきました。

もう桜も咲いて、なんだかウキウキするこの季節ですが、
この「何かを始めたくなる」今のモチベーションを活かしたいものですよね。

春から夏へ向けて、薄着になっていき、露出も多くなってきますが、
「ショートパンツが似合うようになりたい!!」「モデルのような脚になりたい!!」と
今まで何度も思ったことはありませんか?

実はきれいな脚に見せるポイントは・・・、そう!「ふくらはぎ」なのです!

今回の3ミニッツでは、おうちや、通勤時などにカンタンにできる、「目指せ!美脚トレーニング!」の方法をお伝えしたいと思います。



1:まずは、ふくらはぎのストレッチから!


おうちでテレビを見ながら、あるいは会社でデスクに座っている時に、
足首をくるくると左右10回ずつ回します。

ここでのポイントは・・・、
「足首だけを回すこと」です!
足首だけ回すことにより、ふくらはぎの筋肉がたくさん使われ、むくみの解消にもつながります。

慣れてきたら、徐々に回数やセット数を増やすなどしてみましょう!



2:お次は筋肉を使ったトレーニングの方法


かかとの上げ下げをすることで、ふくらはぎを収縮させていきましょう!

まずは、かかとをしっかり床につけた状態からスタートします。
そこから、ゆっくりとかかとを上げていきます。

しっかり上げ切ったら、上げたスピードと同じ速さでゆっくりおろします。

まずは30回やってみましょう!




ここでのポイントは・・・

背筋を伸ばしたまま上げ下げを繰り返します。

背筋を伸ばすことによって骨盤が安定し、よりふくらはぎに効果的なトレーニングができます。

かかとの上げ下げも早すぎず、遅すぎず、自分のペースに合った一定のリズムでできるといいですね。



3:適度な有酸素運動 【ウォーキングや水泳】


脂肪を燃やすためには、有酸素運動がとても重要です。

会社から家までの距離をウォーキングに変えてみてはいかがでしょうか?

できれば20~30分程度のウォーキングの時間が取れると良いですが、
会社まで車通勤です!という方は、駐車する場所を少しでもいいので遠くにし、
歩くことに意識を向けてみましょう。

また、エレベーターを階段に変える。たったそれだけでもOKです。

春になってお天気も良くなるので、お花見に犀川沿いをお散歩、
休日のウインドウショッピングに歩きやすい靴ででかけてみる、など
この機会に少しずつ意識してみてはいかがでしょうか?

春からはじめる美脚トレ!

そのうちやろうかな」ではあっという間に夏が来てしまうかも!?

今日から実践!まずは次のお休みの日に、お花見散歩からはじめませんか?
(くれぐれも花より歩くよりだんご、にならないようにご注意を)

今年こそキレイな脚でお出かけしましょう!



投稿日時 2016年03月31日

本当はどんな意味?「知ってるつもり」なヨガ用語を解説!

■そもそも「ヨガ」って??その語源は。


「ヨガ」とは サンスクリット語の「ユジュ」が語源で「つなぐ」という意味です。

散漫になりがちなマインド(心)を体につなぎとめて、心と体をリラックスさせます。


ヨガクラスでよく使われる「アーサナ」という言葉は 、元々は瞑想のための安定した坐法を意味し、現代では「ポーズ」を意味しています。



■屍(しかばね)のポーズ


例えば、ヨガクラスの最後に「シャヴァ・アーサナ」というポーズを取ることがありますが、
これは「屍(しかばね)のポーズ」と言います。



これは、体の疲れを癒す、脳を休める、その日のヨガクラスでのポーズの効果を体の細胞に落とし込んでいくための時間です。

5分の「シャヴァ・アーサナ」が1時間の睡眠に匹敵するほどの回復力があるともいわれています。


■呼吸法


ヨガクラスでは呼吸も重視されていますが、「呼吸法」のことを「プラーナーヤーマ」と言います。

「プラーナ」は「呼吸」「生命エネルギー」のことです。

呼吸をしながら心を体へ向けることで、体の中のエネルギーを必要なところへと届けます。




■鳩のポーズ


難しそうに見えるヨガのポーズもたくさんありますが、自分の体に合わせてポーズを簡単にすることもできます。

例えば、ヨガの代表的なポーズ「カポタ・アーサナ」(鳩のポーズ)。



股関節、胸、肩などの柔軟性が必要なこのポーズ。
※なかなかはじめたばかりの方にはちょっときついポーズかもしれませんね。

そんな場合は、まずは「鳩のポーズ」のバリエーションの1つの片脚を後ろに伸ばしたポーズからチャレンジ。




これなら「私にもできそう!」と思っていただける方もいるのではないでしょうか?

ヨガのポーズには様々な種類がありますが、「ここまでできなければダメ」ということではないので、できるポーズから楽しくはじめましょう。

まずは「楽しむ」ことが一番!できそうなポーズから試してみてください。



WOMENS FITNESS H&B
中村


---------------------
【関連記事】この記事を読んだ人には他にこんな記事もオススメです。
脱! 冷え性女子!!
座ったままのヨガポーズ~オフィスでリフレッシュ~
---------------------


投稿日時 2016年02月29日

【美脚への道のり】~かんたんストレッチで足美人!!~


ショートパンツやスカートからすらりとのぞく美しい脚・・・女性の憧れですよね!
より魅力的な足をゲットできるかんたんストレッチのご紹介いたします!!

■最大の敵・・・それは「むくみ」

そもそも脚が太くなってしまう最大の原因は、「むくみ」

デスクワークが多くて座りっぱなしの方や、時間がなくて運動できないという方は特に要注意です。

なぜなら「むくみ」は、筋肉が動くことで作用するポンプ機能が働かなくなり、
血液やリンパの流れが悪くなって引き起こるものだからです。

だから、適度に脚を動かすことがとっても大事なのです。

■「むくみ」解消かんたんストレッチ

※各種目20~30秒程度実施しましょう。

①前傾姿勢をとる ふくらはぎのストレッチ
両足のかかとは床に付けたまま、壁や台などに両手を付けて、前傾の姿勢をとります。



投稿日時 2015年09月17日