選択されているタグ : 腰痛克服

腰痛にまつわるエトセトラ

ある調べによれば日本の「腰痛持ち」人口は2,800万人とも言われています。
なんと、4人に1人が腰痛を持っている計算になりますね。あなたの職場にも腰痛に悩む方がいらっしゃるかもしれません。
もしかしてあなたがそのひとりかも。

今日は腰痛のメカニズムと、対策としての運動方法などをご紹介です。
(くれぐれも、ムリな運動はなさらないでくださいね。)




■そもそも日本人は腰痛になりやすい!?


日本人は諸外国人と比較した時に、腰回りの筋肉が細く、弱いため腰痛になりやすい構造だと言われています。
さらに、男女を比較した際も、筋肉量の少ない女性の方が腰痛にはなりやすいとも言われています。

腰痛の原因は腰の骨や筋肉の傷害によるものから、ストレスや他の病気によるものまで様々ですが、日本人と腰痛は切っても切り離せない、いわば「国民病」とも言えるかもしれません。

腰痛にはいくつかの原因がありますが、その中でも「筋肉」に関わるお話を考えてみたいと思います。

■筋肉が固くなる=腰痛の原因

腰痛の原因の多くは腰周辺の筋肉が硬くなる事から起こります。
腰の筋肉が硬くなる事で神経が圧迫されて、痛みが発症するのです。

筋肉を動かす事で硬くなった筋肉を柔らかくします。

腰痛改善には運動が必要不可欠です。

■腰痛と血行不良の関係

腰痛の原因にはいわゆる「筋肉の衰え」も影響しています。

衰えた筋肉には疲労物質が溜まりやすくそれを排除しようという身体の働きが腰痛となってあらわれるそうです。

その、排除のキーポイントとして血液の流れが密接に関係しています。

血液には身体の各所での疲労物質を回収する働きがあります。
疲労物質が蓄積すると、そこにはその物質を回収するために血液が流れ込みます。

血行によって疲労物質を正常に代謝しようとしており、腰痛回復には血行促進が必要不可欠です。
しかし、血行が悪くなるとこの代謝が滞ってしまい、慢性的な腰痛に悩まされるようになってしまうのです。

身体が痛みを持ったり発熱したりするということは自然治癒力です。
無理に熱を無理に下げようとするのではなく、逆に身体を温めることが大切です。

慢性的な腰痛でお悩みの方は、腰を冷やすのではなく温めて血行を改善することが大切です。

その方法のひとつが運動です。


■ ストレッチポールで腰痛改善



今日は腰痛改善の一つの方法として、エイムでも取り入れている「ストレッチポール」をご紹介します。

皆さんはストレッチポールをご存知ですか?

ストレッチポールは身体の歪みを改善し正しい姿勢を作り出すツールの1つです。

それは丸まった背骨を矯正し骨盤が正しい位置に固定され腰部への負担を軽減する効果があります。
正しい姿勢で毎日を過ごす事が腰痛を緩和させます。

今回は「基本姿勢」「胸開き」のポーズをご紹介します。
その他にもさまざまなポーズもありますので、エイム各店などで体験してみてください。

●基本姿勢 (※1)
・まず、ストレッチポールの上に乗りましょう。
・ストレッチポールの端にお尻を乗せて、両手を床について、背中を沿わせるようにしてゆっくり仰向けに寝てみましょう。
・膝は立て膝にして、足幅は腰幅と同じぐらいにします。

安定して、リラックスできた場所が基本姿勢です。


※1)基本姿勢

●胸開きの姿勢 (※2)

・両手と両肘を床につけて、ゆっくり胸の高さまで広げましょう。無理に広げる必要はありません。

・楽な位置まで広げたら、ゆっくりと呼吸しましょう。リラックスし、力を抜いていきます。
ひと呼吸ごとに肩が落ちて、胸が開いていくような感覚です。

・ゆっくり腕を元の位置に戻します。


※2)胸開きの姿勢


■ほかにも:腰痛の原因はストレスからも!?


ストレスは自律神経への影響も大きく自律神経の乱れが生じる事から慢性的腰痛の原因とも言われています。

心と身体は密接に結びついています。

自律神経が乱れると筋肉が緊張したり、血行が悪くなったりする事で慢性的な腰痛を引き起こす要因になるそうです。
ストレスは腰痛だけではなく様々な身体への影響を及ぼします。

運動をする事によって緊張状態が解かれ血液循環が良くなります。
また、運動を日常的にしている方はしていない方に比べ、ストレスによる悪影響を受けにくいそうです。

ストレスからくる腰痛には適度な運動でストレスを発散させてあげることも良い効果をもたらします。

腰痛にもストレス発散にも効果的な「運動習慣」。

少しずつでも毎日欠かさず運動の習慣を持ちたいですね!



投稿日時 2016年11月11日

ちょっと珍しい!?「顔ヨガ」に「ストレッチーズ」っていったいなに?

ヨガといえばバランスを取ってポーズをしたり、寝ながらリラックスした姿勢を取ったりを想像しますよね。
また、ストレッチといえば準備運動やクールダウンで行うものを想像しますよね?
じゃあ「ストレッチーズ」って何?ストレッチの複数形??

「顔ヨガ」「ストレッチーズ」

今日はちょっと聞き慣れない珍しいフィットネスに注目してみましょう!

■表情が若返ると5歳若く見えるかも!?「若返る顔ヨガ」

顔の表情筋が衰えることでフェイスラインの崩れ、ほうれい線、しわやたるみの原因となってしまいます。

顔ヨガでは、顔の表情筋を鍛え様々なポーズを取る事で血行をよくして筋肉をほぐしていきます。
顔の筋肉を伸ばしたり縮めたりすることによって、表情筋を鍛えることができるのです。

■テレビや各種メディアでも話題の顔ヨガ!

金スマ、ヒルナンデス、行列のできる法律相談所etc…最近メディアで話題 の「顔ヨガ」。

「顔のたるみをなんとかしたい!」 「笑顔に自信がない…」 「写真が苦手…」 「表情を美しくしたい!」 「くすんでいる顔色を明るくしたい!」 「顔のパーツをハッキリさせたい!」 など、
お顔の悩みはいろいろありますよね…

雑誌や本を購入して自分でやってみようかな、と思った方でも
「これであってるのかな?」 「ポーズが間違っていないかチェックしたい」 「イマイチ効果がわからない…」 と思われている方も多いかもしれません。


■そもそも「顔ヨガ」ってなに??


顔を自由に動かすって、けっこう難しいんデス。。



「顔ヨガ」とは、顔の表情筋を鍛えたり、ストレッチしたりする顔のヨガです。

深い呼吸を行いながら、しっかりと顔の筋肉を刺激し、血行・リンパの流れを促します。
顔の筋肉も身体と同じで使わなければ衰え、硬くなり、動かしにくくなり、老廃物も溜まりやすく、皮膚が垂れる原因になります。

「顔ヨガ」では表情筋をしっかり刺激し、弾力のあるしなやかな筋肉を取り戻し、お顔のコンプレックスを解消していくことを目指します。

引き締まった小顔、ステキな笑顔で表情美人に!

表情筋は一つ一つが小さいので、一日たったの3分~5分、2週間ほど続けるだけで必ず周りの人にも変化が伝わります!

スッキリした小顔と共に、コンプレックスを解消してhappyを引き寄せましょう♪


■参加者の感想


こんなに自分の顔が動かないなんて思いませんでした!びっくりデス。

顔にはたくさんの筋肉があることを改めて知りましたし、これを続けたら顔が引き締まるような気がしますね。


色んな表情で、顔が筋肉痛になっちゃうかも!?




■新感覚のピラティス『ストレッチーズ』


ストレッチーズとは・・・

伸縮性のある特殊な布をまとい、全身運動をするアメリカ発の新感覚ピラティスです。

「何が新感覚?」というと、伸びる布に包まれることで、布から体に感覚を伝えてくれるところです。
布に包まれる心地良さを感じながら全身の繋がりをより深められます。

これにより、どこを使いながら体を動かすかがわかりやすくなり、無駄なところに力が入りにくくなり、効率的なトレーニングができるようになるのです。

普段意識しにくい体幹部のインナーマッスルを鍛えることで、からだの歪みを改善し、どこにも無理のない正しい姿勢へと導くので、姿勢改善や肩こりや腰痛の予防などにもとても効果的です。



■ストレッチーズはこんな人におすすめ!


  • しなやかで美しい筋肉をつけたい方
  • 効率よく体を鍛えたい方
  • 体の歪みでお悩みの方。

■はじめて参加した方の感想


ストレッチーズってどんなことするの??という不安からはじまったレッスンでしたが、実際受けてみると布をまとうことで体の使い方がよくわかってきました。

普段は自分ではなかなか意識しにくいところも「あ、これ、体使ってるなー」という実感があって、続けたい!って思いました。



■まとめ


ちょっと耳慣れない「顔ヨガ」や「ストレッチーズ」ですが、その効果はテキメン!

「普段のトレーニングに少し飽きちゃったな」「何か新しいこともやってみたいな」そんな方にこそおすすめです。
体験トレーニングなども開催しています。お気軽にスタッフにお問い合わせ頂き、ぜひご参加ください。

担当:WOMENS FITNESS H&B 吉田


投稿日時 2016年04月28日

腰痛克服!自宅でかんたん筋トレ~まずはこの3つ!~

・まずは無理なく“体幹強化”


・仰向け、両ひざをまげて足の裏をしっかり床につけておきます。足の幅は腰幅程度にゆとりをもたせます。
・呼吸をゆっくり吐きながらおへそを天井に向けて押し上げます。
・息を吸うときにはゆっくりと元の姿勢に戻るようにします。

■ポイント■
「おなか周りを使う」こと。ついつい脚や肩に力が入りやすいですが、四肢はリラックスした状態がベストです。
腰が反らないように、おしりを少し締めながら持ち上げる感じです。
勢いや反動をつけると、逆に腰に負担がかかりすぎてしまいます。呼吸とあわせて、ゆっくり行うことが大切です。

10回~15回を2~3セット行いましょう。一気にやる必要はまったくありません。



投稿日時 2015年05月29日