エナジーフィットを詳しく知ろう!

エナジーフィットとは、「サーキットトレーニング」「心拍トレーニング」「ウェアラブルテクノロジー」を組み合わせたランニングプログラムです。ランニングと筋トレで太りにくい体づくりが可能です。


心拍トレーニングとは ‥心拍数を計測し、その数値を指標としてトレーニングを行うことです。今までの「キツい」「らく」と言った感覚から「心拍数」という具体的な数値で運動強度を表すことができるので、目的を明確にした効率的なトレーニングが可能になります。

サーキットトレーニングとは ‥おもり等で負荷を与えて行う筋トレと、ランニングやエアロビクスなど(有酸素運動)の効果の両方を兼ね備えたトレーニングです。短いインターバルによりもたらされる短時間のトレーニングで、脂肪燃焼をするホルモンを活性化させる効果や呼吸器官の強化につながり、同時に全身の強化もできる効果もあります。

ウェアラブルテクノロジーとは ‥ウェアラブルテクノロジーとは、スポーツとテクノロジーが合体した進化形グッズのことです。眼鏡や時計、洋服など私たちが日頃身につけているものに、センサーやカメラなどのコンピューターの一部が組み込まれたものをさします。現在スカイシップ店のランニングプログラムで使われている心拍数を測るバンドもそれにあたります。ウェアラブルテクノロジーを利用した物を身につけることによって運動量を随時確認することができ、一日の活動をコントロールすることが出来ます。

「サーキットトレーニング」「心拍トレーニング」「ウェアラブルテクノロジー」の三つが組み合わさることによって筋持久力をアップ、心肺機能向上、ダイエットをしたい方にはとても効率の良いランニングプログラムです。是非お試しください!


投稿日時 2019年04月15日

バランス能力を高めたい方にオススメのトレーニング

【ワンレッグデッドリフト】
TARGET:ハムストリング、大臀筋

1.ダンベルを持って片足の踵に重心を乗せ、反対の足は浮かせる
2.膝を少しだけ曲げたままお尻を後ろに引いて、体を前に倒していく
3.元の状態に戻る

注意点
腰が丸まらない
膝を曲げすぎない
膝が内側に入らないようにする


【リバースグリップインクラインダンベルプレス】
TARGET:大胸筋上部、三角筋、上腕三頭筋

1.ベンチ台を45度くらいに調整して仰向けで寝る
2.ダンベルは胸の横で手のひらが体側に来るように持つ
3.上腕を鎖骨に近づけるようにダンベルを持ち上げていく
4.元の状態に戻る

注意点
肩をすくめない
肩甲骨を寄せる
脇は開くよりも閉じるイメージ


【バックキック】
TARGET:大臀筋、ハムストリング

1.レッグエクステンションのマシンを使う、ローラーと椅子の間に脚を入れて背もたれの方を向く
2.背もたれに手を置き、バーを握って状態がまっすぐになるように固定する
3.バーを握っている方の脚を後ろに持ち上げていき、負荷を感じたらゆっくりと戻す

注意点
上体がブレないようにする
腰が丸まらない
少しだけ膝を外に開くとお尻に効きやすくなる



投稿日時 2019年04月01日

バスタオルエクササイズ

エイムで汗を流した後に入るお風呂。
1日の終わりに今日の疲れを洗い流してくれるお風呂。
その時に使用したバスタオルで、体をリセットするエクササイズをお試しください♪
体がお風呂で温まっているので、肩、肩甲骨、体幹がとても気持ち良く伸びますよ。
また、深い呼吸を続けながら行うことで、リラックスでき安眠効果も期待できます。
イラストを参考にお試しください。
※肩に違和感がある場合、無理なく出来る範囲で行いましょう。



投稿日時 2019年03月15日

エイムのスイミングの良さ

以前にスイミングの良さは、お伝えしました。
詳しくは・・・
https://www.fitness-aim.com/blog/entry-5955.html
是非ご覧ください。

では、エイムのスイミングって他と何が違うの?
どんな良いところがあるの?
今日はそんな疑問にお答えしていきます!

① 生後6か月から大人までが通えるスイミング
エイムには、
生後6か月~3歳未満とママパパが通うベビースイミング、
3歳以上のお子様が通うジュニアスイミング、
4泳法習得し、選手を目指す選手育成コース、
18歳以上の大人が通う成人水泳スクール、
大きく分けてこの4つがあります。

② 水に慣れたいお子様にオススメ
お水が怖い、潜れないなど、
あまりお水が好きじゃないお子様の
お悩みを解決してきたコーチ陣がたくさん!
他ではだめだったけど・・・、
というお子様をたくさん成長させてきました。

③ 楽しい!できた!が増えるスクール
エイムのスイミングのモットーは、
楽しく上達です。
子供にとっての習い事とは、
苦しいだけでは続きません。
楽しいを追及して、かつできないことを“できた”に変える、
その喜びをお子様とコーチと、そして保護者様と、
共感して通えるスクールを目指しています。

お子様の楽しいから、やる気が生まれ、
上達につながります。
たくさんのお子様、保護者様を笑顔にできるスクールであり続けられるよう、
スタッフ一同心掛けていきたいと思います。
ぜひ気になる方は、一度ご見学にお越しください!



投稿日時 2019年03月01日

股関節とランニング

走る!ということには股関節はとても大事な役割があります。
ランニング中やマラソン大会で走っている時に股関節周りが痛くなったことはありませんか?
ランニングにとって股関節の役割は
・足の運び(ストライド)や重心操作、ランニング負荷の軽減など走る為に大事な役割を持っています。
しかし股関節を意識して走るか?というと実は違います。
股関節まわりのストレッチ、動的ストレッチは大切ですが、
股関節を意識するのではなく、股関節に体重をしっかりのせれるかが重要になります。

人間の身体を積み木で考えると積み木が上半身と下半身をつなぐ大切なつなぎ目。
このつなぎ目がぐらついたり支えらなくなると、余分な力が働き過度の筋肉の負荷
になったり、前に進む推進力が上手く出なかったりします。

股関節を鍛えるための筋トレではなくうまく身体をコントロールできるような訓練
を行う事が効果的と思います。

効果的なトレーニング
重心トレーニング
臀筋群のトレーニング
ストレッチ
です! 可動域を上げる事だけがタイムに繋がるとは限りません!まずはしっかり
自分の体をしっかり支えられる土台作りをしていきましょう!


投稿日時 2019年02月15日