話題のダイエット?

「ダイエット」= 痩せる ではありません。

元来ダイエットとは健康や美容などを目的として食事の質や量を制限することであり、転じて日本では主に痩せるための運動や生活習慣の改善の意味を指します。(海外では、痩せるための運動はダイエットとは言いません)
多くの人が「ダイエット=運動や食事制限によって痩せること」と解釈していますが、実はこれは誤解であって「運動や食事量を管理して、適正な体重にしていくこと」が「ダイエット」の本来の意味です。
従って、痩せ過ぎの人が食事量を多くして体重を増やす行為も「ダイエット」と言います。

「ただ体重を落とすだけ」ではなく、健康的な身体や理想の身体をつくっていくことが「ダイエット」と言えるのです。

話題となるダイエット法においてもこの「ただ体重を落とすだけ」の方法で語られている場合が残念ながらあります。
大切なのは理想とする体になる為に食事や運動や生活習慣の改善等を用いて、どのように健康的な身体づくりをできるかです。

今行っているそのダイエット法が「ただ体重を落とすだけ」のものではないですか?
「ただ体重を落とすだけ」で身体や精神が不健康になるのならばそれは「ダイエット」としては正しい方法ではないのです。

では、何が正しい「ダイエット」なのか。

一番大切なのは、まず自分の食事や摂取している栄養を把握することです。
自分が何を食べていて、その栄養素やカロリーがどれだけあるのか知っていますか?
もしくはそれを知ろうとしたことがありますか?
知らないと答える方が多いのではないでしょうか。

自分が食べるもの、体内に入れるものです。是非調べてみてください。
その料理は何の食材を使っていて、どんな栄養素で構成されているのか?
糖質、脂質、タンパク質の量や割合はどれだけか?
細かく調べるのは面倒だという方は、おおよそのカロリーだけでもいいです。

まずは自分の食生活を知ることです。

知ったうえでどうするかを考えるのがいいでしょう。
糖質を取り過ぎているので量を減らす、違うものに置き換える。食事でも間食でも脂質が多いのであれば揚げ物等の油を多く使ったものは避ける。等々自分なりの対策がみえてきます。
あとは調べた食生活や、その対策に当てはまる「ダイエット」法を選ぶだけです。

ただ注意したいのは、いきなり必要な栄養素やカロリーを極端に減らしたり無くしたりしてしまうこと。
食事を減らせば確かに体重は減少します。しかし身体に必要な栄養は足りなくなり、脂肪と共に筋肉も減少、ストレスはたまる一方です。
つまりこれが「ただ体重を落とすだけ」の「ダイエット」。
いくら話題になっていようと自分に合わない「ただ体重を落とすだけ」のものではダメなのです。

自分に必要なカロリーや栄養素の量を満たしつつ、余分な分をカットしていってください。
その為に自分の食生活を知るのです。
ひとつでもふたつでも食事について調べてみれば意識が変わっていきますよ。

ここで食事についてひとつオススメするとしたら、脂質を減らしタンパク質を増やすこと。
糖質は活動するエネルギーの源。身体を動かす為に絶対に必要なもの。
糖質は減らさず、油分を減らすことでカロリーを減らします。
タンパク質は身体をつくる元となるのでたくさん摂取しましょう。
低脂質高タンパクの食事にするだけでかなり変化があるのでオススメです。

食事を変えたら、あとは運動を併せるのが理想の身体をつくる「ダイエット」の近道。

その運動の手助けは私達がさせて頂きます。
エイムでお待ち致しております。



投稿日時 2020年02月15日

SNSの影響で体型へのイメージ変化

SNSの影響で体型へのイメージ変化

皆さんはSNSを使ってトレーニング動画や写真などを見ますか?

近年フィットネスブームが盛んになっている中でボディビル大会やビキニフィットネスなどの大会が多くあり、自分のトレーニングやランニング姿をSNSに上げている人が多くいます。中でもダイエットに成功した方や筋肉がついた方など体型が変わったという方が多くSNSに動画や写真を投稿します。

ではなぜこのようにSNSに投稿しているのでしょうか?

理由としては、写真や動画を見ている方にイメージを持たせているからです。
イメージを持つことはどの分野においてもすごく大切なことです。スポーツの分野であったり勉学の分野であったりさまざまなところで使われます。
それはフィットネス分野においても同じことです。

皆さんは一度は人気モデルや俳優のような理想の体型になりたいと思ったことはあると思います。それを彼らはSNSを使って提供しています。
トレーニング方法の動画であったり、どのような食事をしているかの写真を投稿することによって見ている人にこのような体型になれるというイメージを持たせています。
また、トレーニングや食事法をSNSに投稿することで健康になる為の秘訣や運動の楽しさをも伝えています。

運動をしているが目標が決まっていない方や今から運動を初めて見ようと思っている方は是非人気の俳優やモデルを見て自分がこのようになりたいというイメージを持ってみませんか?今より楽しく運動が出来ると思います!


投稿日時 2020年02月01日

足首が硬くてしゃがめない人のストレッチ

足首が硬いと、足がむくんだり、足の裏側からお尻にかけて、うまく使いにくくなります
骨盤の働きも悪くなるため足首が硬いだけで様々な弊害があります
歩く動作階段の上り下りスポーツなどでも足首の関節は常に動作しています

足首関節の動きに強く影響を与える重要な筋肉は3つあります
①ヒフク筋
ヒフク筋は、足首関節を屈折させる動作と膝関節を屈曲させる動作に使われます。
②ヒラメ筋
ヒラメ筋は、足首関節を屈折させる動作をサポートします
屈折運動はヒラメ筋とヒフク筋の2つが影響するためストレッチでもこの2つを伸ばしてあげましょう
③前脛骨筋
前脛骨筋は足首関節を伸展させる動作で力を発揮します。
足首の背屈を前脛骨筋が主導筋として働いています。


足首が硬くかかとをつけてしゃがめない人のストレッチ
①ヒラメ筋のストレッチ
片方の膝を立ててしゃがみ、立てた足のつま先と反対の膝の位置をそろえます
そして立てた膝を押すことで伸ばすことが出来ます
②ヒフク筋のストレッチ
足を前後に開き後ろ足のかかとを床につけたまま前方に体重をかけることで
伸ばすことが出来ます。
③ツールを使用したストレッチ
少し段差のあるものを用意してつま先だけ乗せます
かかとを上げつま先だけで乗っている状態でキープする
④ツールを使用したストレッチ2
片足を一歩踏み出して段差のあるものにつま先だけ乗せます
ゆっくりと前屈して足首からふくらはぎ、太ももの裏が伸びるのを感じ
心地よく感じるところでキープします

趣味でスポーツをする人やジムに通い運動をしている人で慣れてくるとストレッチを怠ってしまう方がいます。思わぬ怪我を防ぐためにも日ごろから足首に限らずストレッチを行う習慣を作っていきましょう


投稿日時 2019年12月15日

<筋トレで出る成長ホルモンは筋肥大には関係ないのか?>

結論!
必ずしも成長ホルモンの増加が筋肥大に繋がるとは言い切れない。

ホルモンとは…
身体の臓器から分泌される物質で、血流に乗って身体の様々な部位に運ばれる。

テストステロンと成長ホルモン…
筋タンパクを合成することで筋肉を合成する作用があるとされる物質

成長ホルモンの分泌を促すとされるトレーニング方法…
① セット間休憩をできるだけ短くする
② 大きな筋肉と小さな筋肉を組み合わせたトレーニングを行う
などが挙げられます。

上記のトレーニング方法で確かにホルモン量の増加は見込めますが、この増加が筋肥大に大きな影響をもたらすとは考えにくいという研究がなされています。

ホルモン増加を優先したトレーニングではなく、ご自身の体力レベル・ニーズに応じたトレーニングをお勧めします。


投稿日時 2019年12月01日

自転車の運動効果

自転車はウォーキングやランニングと異なり足や膝への負担が少ないのでダイエット始めたての頃に最適な運動です。

①心地よい疲れで脂肪燃焼が行える
自転車は手軽に脂肪燃焼が行えます。
脂肪燃焼は大体114~136範囲の心拍数で行われています。(年齢などによって心拍数は異なります)ゆっくりとしたペースで自転車を漕いでいると大体100前後の心拍数になるので、心拍数100の状態より少し早めに漕ぐだけで心拍数114~136の脂肪燃焼が可能です。 ランニングに比べても心地よい疲れ程度ですので、「運動後に大きく疲れたくない」という方に自転車運動はピッタリです。

②30分の自転車通勤でご飯1杯分のカロリー
「自転車だから…」と侮るなかれ、30分も運動を続ければ結構なカロリー消費が行えます。 30分で250Kcal消費でき、これは茶碗1杯分のご飯に相当します。(自転車の漕ぎ方で運動強度が変わる為、ペダルを重くすれば消費量は増える傾向にある)仮に30分の自転車通勤で往復すればご飯2杯分となりますね。普段の食事でご飯2杯抜くのは相当な我慢が必要ですが通勤を利用した運動ならなんとか出来そうな気持ちになってきませんか?

③大腿筋とハムストリングスの筋トレが行える
筋トレ効果もあるのが自転車の魅力です。 自転車を漕ぐ動作は、常に太もも周りを鍛えています。特に太ももの後ろ側(ハムストリングス)は普段生活している上では鍛えにくい部位でありながらも、直立するに必要な筋肉です。ハムストリングスがしっかりしているだけで体の支えになります。
まとめ:自転車にハマると良いこと尽くめ!

•往復1時間ならすでに1時間の運動をしているので健康的になる
•実際通勤時間が短縮された(朝の車の渋滞などにとらわれない)
•ちょっとした買い物なども「自転車で行こう」という気持ちになるのでガソリン代の節約にもなる

考え事をするに置いても風を切る爽快感あってのおかげか自転車通勤中の方がアイディアの閃き頻度も多く内容が冴え渡っている事が多いです。
自転車通勤は健康効果もその他の効果もたくさん得られます。
自転車通勤を悩んでいる方は、是非一度お試しください!!


投稿日時 2019年11月15日