日常生活から考えられる冷え症の原因とは?


■日常生活から考えられる冷え症の原因とは?


栄養が偏った食生活によるエネルギー不足


栄養バランスが偏った食事を続けていると、体の基礎となるたんぱく質や脂質、炭水化物と、それらの栄養を熱に変えるビタミン、ミネラルが不足し、冷え症になります。

極端な食事制限によるダイエットも、体温の元になるビタミンやミネラルが不足し、冷え症の原因になります。


きつい下着や露出の多いファッションによる血行不良


体を強く締め付ける下着は、血液の流れを悪くするので、冷え症の原因になります。

また、ミニ丈のボトム、ローライズジーンズ、素足にサンダルやパンプスなどの露出したファッションも、冷え症の原因になることがあります。


空調の効かせすぎによる自律神経の乱れ


人の体は、自律神経の働きによって一定の温度に保たれています。

しかし空調の効かせすぎによって室内外の温度差が激しくなると、自律神経の機能が乱れ、体温調節がうまくできなくなり、冷え症を引き起こすことがあります。

女性ホルモン(エストロゲン)の乱れによる血流作用の低下


女性ホルモンは、女性の心と体をコントロールしています。また、手足の先に行く細い血管を拡げて、血流を多くする作用もあります。

そのため、ストレスや更年期などによって女性ホルモンの分泌が乱れると、血行の悪化や卵巣の機能低下を招き、冷えをはじめ、生理痛や生理不順などのトラブルが起きやすくなります


■日常生活でできる冷え症予防法とは?


入浴で血行を良くする

38~40℃のぬるめのお湯に、20分程度つかりましょう。

入浴後は簡単なストレッチをすると、さらに効果的です。湯船につかれないときは、シャワーだけですませず足湯で下半身をしっかり温めましょう。

お風呂から上がったら保温性の高いインナーや冷え症対策用の靴下などで熱を逃がさないようにしましょう。

朝食をしっかりと食べる

運動が冷え症に効くのには3つの理由があります。

  1.  運動すると血の流れが良くなり、新陳代謝がたかまるから
  2.  運動すると汗をかく→汗をかく汗腺が活発になって皮膚の働きが良くなるから
  3.  運動すると筋肉の刺激で自律神経の働きが良くなるから

体中の筋肉を働かす全身運動が一番ですが、時間がないことも多いはず。

そんなときはどこでも簡単にできて、血行を良くする足裏のツボを刺激する運動がおすすめです。
足を軽く開いて立ち、両足一緒にかかとを上げ下げする背伸び運動を行いましょう。


座り仕事が多い場合は、仕事中に足元に小さいボールや空き缶などを置いて、足の裏で転がすと、足裏のツボが刺激され、全身の血行が良くなります。




投稿日時 2017年02月14日

冬のマラソンのメリット



寒い毎日。。外にでるのも億劫になる季節。
秋のマラソンでちょっと一呼吸
そんな方もいると思います。

しかし!マラソンの最もシーズンといえば冬!1月から3月なのです。
多くのランナーの自己ベストが多いのもこの冬のレース。

東京マラソンや、国際レースも1月から3月に集中しています。
寒い寒いと言っていたらもったいない!冬のマラソンのメリットをお伝えします!


その1:夏の暑さより体への負担が少ないため速く走れる!

夏と同じ負荷のトレーニングをした場合、冬の方がきつさを感じにくいので速く走れます。

夏のような熱中症の心配もありません。

その2:夏から秋のレースでは夏場、暑さのため練習の質を上げることができません。

冬の場合、夏から秋のレースで土台ができ、
さらにもう一つ質の高い練習を行えるようになるため、
冬のレースの方が結果が出やすくなります!

その3:寒いからこそ体内エネルギーが上がる!

寒い中のトレーニングは体温を高めるために体内のエネルギーが上がるため、カロリー消費量アップ!

ダイエット効果が期待できます!

まとめ

良いことばかり!
と思いますが気を付けなければいけないことは、
寒さの中のトレーニングは関節、筋肉に思った以上のダメージがあります。
怪我のリスクがとても高くなります。

そのため、走る前には、ダイナミックストレッチがおすすめです!

静的ストレッチは走り終わった後に行いましょう。

特に肩甲骨、股関節まわりをほぐすストレッチがおすすめです!

冬を制すれば春を制す!
楽しんで冬を乗り切りましょう!

エイム フェイス:安川



投稿日時 2017年01月27日

ヨガでインナーマッスルを鍛えて痩せる!


インナーマッスルを鍛えることによってどんな体に近づけるのか?


インナーマッスルとは、ある特定の筋肉を指した名前ではなく、体の奥深くにある筋肉の総称で、骨格や姿勢を正しく保つはたらきがあります。

インナーマッスルを鍛えていくと、良い姿勢をキープできるようになり、ボディラインを崩す原因のひとつと言われている、内臓の下降を防ぐことができます。

また代謝も上がり、燃焼しやすい体に近づきます。

スタイル維持のためにもぜひ鍛えたい「インナーマッスル」ですが、通常の筋力トレーニングでは、鍛えられないことがわかっています。

そこで効果的なのがヨガなのです。

ヨガがインナーマッスルに効く理由

インナーマッスルは激しい筋トレではなく、ウォーキング、ジョギング、水泳などの有酸素運動で鍛えられると言われています。
ヨガもそんな有酸素運動の仲間。

ヨガでは、アーサナと呼ばれる様々な独特なポーズを取ります。
しかし、やってみると最初はなかなか上手くポーズを取ったりキープしたりできません。

それは、インナーマッスルが鍛えられていないため上手に姿勢をコントロールできないからです。

しかし、続けていけば、自然とこれらの筋肉を鍛えられるのがヨガの特長なのです。

ポイントは呼吸とお腹への意識

ヨガは、ポーズばかりに注目が集まりがちですが、呼吸にも重点の置かれた身体技法です。

横隔膜を拡げて深く息を吸って吐くことで、胸部の関節を動かしながら、インナーマッスルに働きかける効果があります。

下腹部を引き締めた状態をキープしながら、出来るだけゆっくり長く呼吸することを意識しましょう。

自宅で出来るインナーマッスルを強化するポーズ

『プランク』


【1】
四つんばいの姿勢(テーブルポジション)になり、脚を腰幅、手を肩幅に広げ、腕と太ももを床に対して垂直に保つ。

【2】
足を後ろに下げる。かかとはつま先とラインを揃える。

【3】
お腹が自然と引き上げられるほどに腰をしっかりと伸ばし、踵を後に突き出すようにして、後頭部からかかとまでを一直線に保つ。
別名、板(plank)のポーズが示すように、横から見た時に一枚の厚板のようになるように。

目線は下。首を長く。かかとはつま先の上。
肩胛骨は軽く左右に開き、肩をリラックスさせておく。
肘はロックしないようにソフトな状態を保ちながら、左右の手の平で均等に床を押す。

【4】
息を吸いながら背骨をまっすぐさせる。
吐きながらお腹を収縮させ、足を活性化。
余分な力を抜いて、呼吸を繰り返す。辛い場合は膝を床に付けて行いましょう!


悪い例(背中が丸い)



良い例





投稿日時 2017年01月13日

筋膜を整え、気持ちの良い身体へ


皆さん、「筋膜」ってご存知ですか??


最近よく「筋膜リリース」という言葉を耳にします。
でも筋膜って何?と言われてわかる!という方はまだまだ少ないのではないかと思います。

筋膜というのは筋肉や臓器、骨など体を構成する要素をすべて包んでいる膜のことを指します。

ラップで包まれていると思っていただけると想像しやすいですね。この筋膜の張力で身体の形が維持されている、いわば第2の骨格とも呼ばれる非常に大切な組織なんです。


「筋膜」の弱点


ただし、筋膜には弱点があります。
それは「固まりやすい」ということです。

筋膜が固まると「コリ」や「原因不明の痛み」が起こりやすくなります。
みなさん全身タイツを着たことがありますか?ないですよね?(笑)

でもなんとなくイメージしてみてください。
筋膜とはカラダを覆っている全身タイツみたいなものです。
そのどこかがねじれたり、固くなるとそこからカラダのバランスが悪くなりやすくなるのです。

近年の研究においては、筋肉に関する痛みは、筋膜が疲労したり固まったりするのが原因ではないかといわれています。

その筋膜を押して伸ばすことで血流の改善や柔軟性を高めることにつながります。

それによりカラダの動きが良くなり、更には膝痛に腰痛や肩こり等も良くなる可能性も。
うれしいことに、良くなることをあげたらきりがないですね。


筋膜の整え方


さて前置きはここまでにして、ここからは簡単に筋膜の整え方を説明していきます。

今回はお尻の筋膜を整えます。
お尻は骨盤を支え、姿勢を良くしてくれる、身体にとってもプロポーションにとっても大切な部分です。

もちろん骨盤を正常な状態で支えることで脚がきれいに動くようになり、脚全体の見た目もグッと良くしてくれます。


1:お尻の筋肉の真ん中あたりにストレッチポールを当てます。


ストレッチポールの代わりにペットボトルに水を入れたものでも、麺棒でも代用可能です。
ぜひリラックスした姿勢でやってください。右と左に分けるとやりやすいですね。

※痛めているところには当てないでください。



2:1の状態から動きをつけてお尻全体を温めます。筋膜を温めることで整えやすくなります。


この時にお尻の固い部分や気持ち良さを感じる部分を探してみましょう。



3:2で固さや気持ち良さを感じたところを集中的にゴロゴロ!


自分の体重や重力を利用し、押したり伸ばしたりしてみます。

痛みが少なかったり気持ち良さがあれば少し動きをつけることで筋膜のねじれや固まりがさらにほぐれやすくなります。

エイムではタンブルローラーやビースティーボールを使って行いますが、もちろんストレッチポールなどでも大丈夫。

刺激の目安は「痛気持ち良い」ところです。

動きを止めてカラダの重さだけでもOKですよ!



4:最後はもう一度2の動きを行ってほぐした筋膜をまわりとなじませ完了です。



5、動きで気持ち良さを感じてみましょう☆


その場足踏みで下半身の軽さを感じてみてください!

脚が動かしやすいとどこまででも行けそうですよね♡



エイムでは、この「筋膜リリース」を行うことを提案しています。

レッスンプログラムの中で、みんなで一緒に気持ち良いカラダづくりができる!
もちろん、スタッフからも使い方をご案内いたします。

もっと使いやすい身体に、もっと気持ち良い毎日を送るために。
筋膜リリース、はじめてみませんか??

エイム21 野村 朋広



投稿日時 2016年12月30日

「太る」「痩せる」をシンプルに考える

エイムに通われている方の圧倒的な目的が「ダイエット」です。

皆様から良く耳にする言葉は「どうして痩せられないのかしら?」「なんでこんなに運動しているのに体重が減らないの?」。

食事の内容を見直したり、糖質オフをしてみたり、筋トレのメニューを変えてみたり、ヨガに挑戦してみたり。

日々、悩みながら運動をしている方の「太る」「痩せる」をシンプルに考えてみましょう。


■体重は足し算と引き算でコントロールできる



私たちの体重は、「摂取カロリー」と「消費カロリー」の比重で変化をしています。

例えば、1日3,000kcalを摂取する人は、1日3,001kcal消費することができれば
1kcal分「痩せた」ことになるという認識が大切です。

3,000(摂取カロリー)-3,001(消費カロリー)=-1ですね。

つまり、1日どう頑張っても2,500kcalしか消費できないという方は、摂取カロリーを2,500kcal以下に抑えれば良いわけです。

実は意外とこの基本的なことを忘れてしまいがちなのです。

※カロリーの計算などはスマホのアプリなどでたくさんありますのでさがしてみてください。


■運動だけの消費カロリーじゃ、摂取カロリーに追いつけない。

運動での消費だけでは実はカロリーを稼ぐことはできません。

ここで一例を挙げましょう
1日2,500 kcalを摂取する場合。

フルマラソン1回分の消費カロリーは平均2,500 kcalともいわれています。
つまりフルマラソンを1回走って初めてプラスマイナス0ということになります。
これでは現実的に不可能ですね。

次に基礎代謝量について考えます。

基礎代謝とは1日に最低限消費している運動とは別に、仮に「何もしなかったとしても消費されているカロリー」のことです。
成人男性の平均は約1,500 kcal程度、女性は約1,200 kcal程度と言われています。

この、運動消費カロリー+基礎代謝量で1日の消費カロリーのだいたいの数字が出ます。

これなら摂取カロリーに追いつくことができそうですね。

ちなみに基礎代謝量を増やしたり維持したりするためには、筋肉をつけていくことが重要です。

■「シンプルにシンプルに」


最後に。
ダイエットや体重管理、カロリー管理はできる限りシンプルに考えてみてください。

あまり細かく、難しく考えてしまうとモチベーションにも影響が出てきます。
また、摂取や消費したカロリーを記録することに必要以上に細かく神経を使ってしまうと、それだけで面倒に思えてしまうかもしれません。

あくまで、シンプルに。


ここまで準備ができたら、あとはシンプルに「やるか、やらないか。」ですね。



担当:エイムスカイシップ 山内




投稿日時 2016年12月13日