季節の変わり目にも体調を崩さない3つの食事ポイント!

---------------------
【関連記事】この記事を読んだ人には他にこんな記事もオススメです。
食べる日焼け止めで美肌に!!
夏バテ対策!!3つのポイント!
---------------------


最近は気温も高く暑くなってきました。

夏ももうひといき!夏は屋外に出かけることも多くなり、楽しい季節ですね!
皆様はこの夏はどんな予定がありますか?

ただ、この楽しい予定も体調を崩してしまっては折角の楽しみが台無しです。
季節の変わり目は体調を崩しやすく、さらに夏はクーラーで体が冷えることも多くなります。
夏のはじまりって実は体調管理がとっても大切な季節なのです!

そこで今回は免疫力UPの食事のポイントを知りましょう!!


1:発酵食品を摂取する



発酵食品には免疫力をUPさせる栄養素が豊富に含まれています。

発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境を良くし、有害な菌が増殖するのを抑制する効果があります。

乳酸菌が豊富に含まれる食品はヨーグルトやキムチ、糠漬け等です。
さらに、発酵食品に+αで食物繊維を摂取すると、相乗効果があり、オススメです。

疲れている時や体調を崩したくない時に野菜と組み合わせてぜひ食べてみて下さい!


2:ビタミンB1を忘れずに!



この栄養素が足りないと夏バテになりやすくなります。

ビタミンB1は麺類や甘いものなど夏に摂取が多くなる糖質をエネルギーに変える為に必要な要素です。

この栄養素が不足してしまうと全体的なエネルギー量が不足し、ばてやすい体になってしまいます。
普段の食生活から不足しないよう注意しましょう。
豚肉や大豆、ホウレン草、ゴマの多く含まれます。
ニンニクや玉ねぎに豊富に含まれるアリシンと一緒に食べるとより効果的です。


3:冷たい飲み物の摂りすぎに注意



暑い夏は冷たい飲み物がおいしいですよね。
しかしこれも実は体調不良に陥ってしまう一つの原因なのです。

1回の適量はコップ1杯分(150cc~200cc程)です。
一度にこれ以上の冷たい飲み物を飲むと胃の働きが低下し、体調を崩しがちです。

一度に飲む分量を意識してみましょう。


---------------------
【関連記事】この記事を読んだ人には他にこんな記事もオススメです。
食べる日焼け止めで美肌に!!
夏バテ対策!!3つのポイント!
---------------------


投稿日時 2017年06月05日

外を走ってみましょう!



「トレッドミルだけでは外で走るための走力は鍛えられない!?」


天候もよくなり青空が見える季節になりましたね。

4月には金沢マラソンをはじめとし、大型レースの申込みをされた方も多いと思います。
抽選結果は6月ごろとなると今はまだまだ「走る」ということに気持ちが乗らない…という方も多いのではないでしょうか。

とりあえず当たるかわからないし。。。 当選してから本腰をいれようかな。。。
などまだまだ重い腰が上がらない方も多いのでは?!?

しかし、今が一番走り始めるのに最適な季節です! 

よくトレッドミル(※)だけ走っています!というお声を耳にします。
(※トレッドミル:屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具のこと。)

トレッドミルで走るのと屋外をはしるのではなにが違うかご存知でしょうか??
まずはトレッドミルの良い点は?

------


  1. 気候、気温が一定で身体に対する負担が少ない!
  2. 一定のペースで走るのでペース走などの練習に適している!
  3. ベルトが自動的に回るので踏み込んで推進力がなくても走れる!
  4. 上り坂、下り坂のトレーニングが出来る!
  5. 心肺機能の向上できるトレーニングができる!

-----

などです。 

次にデメリットは、、、

-----

  1. 景色が変わらないので飽きやすい。
  2. 踏み込むちからを使わないので実際の外で走る走力とは異なる。
  3. オーバーストライドになり気味になる。

-----

特に②がトレッドミルで走るだけではマラソンは難しいことを表しています。


ベルトが動くことで下腿の筋肉やハムストリングス、など走るのに重要な筋肉に負荷がかかりません。 

トレッドミルばかりだと実際地面を蹴る、押すための筋力をつけることができません。

またその蹴る、押すがない走りの動作では、足がベルトで流れやすくなり、
身体の連動性が崩れフォームを崩す事もあります。

マラソンでは42.195kをいかに無駄がなく、長い時間動ける身体、筋持久力をつけるかが
重要になります。

この筋持久力をつけるためにもまず外を走る事をお勧めします。


「オススメのジョギング方法は・・・?」

■この時期にオススメなのは起伏を利用したジョギングです。

起伏を走る事により足の筋力向上が望め、筋トレをしなくても筋トレの効果がある練習です。
筋トレする時間がなかなか取れない方にぜひお勧めです。

ただし、どうしても外を走る時間が取れない方は、トレッドミルを走る際、傾斜を2%前後つけて走りましょう。

外を走るのに近い負荷が足にかかります。

この時期は「走る」という事の土台作りをする期間です。

スピードよりもじっくり走り込む練習を行っていきましょう。 

何事も土台がしっかりなければよい物は生まれません。
じっくり焦らずに行っていきましょう!




投稿日時 2017年05月20日

【夏】ダイエット【到来】 初めてのレコーディングダイエット



「来年は頑張る」って去年も言ってませんでしたっけ??



今年はそんなことを言われないように、
また何よりも自分自身が夏を楽しめるように、
いつもとは違った方法でみなさんのダイエットを成功させる方法を伝授したいと思います。




その名も「レコーディングダイエット」!!

■レコーディングダイエットとは??

レコーディングダイエットとは、ダイエット中の食事内容と体重を記録するダイエット法のことです。

例えば、体重を1キロ落とすには6,000〜7,000キロカロリーを消費しなければなりません。

レコーディングダイエットではより多くのカロリーを消費するにはどうすればいいか、を考えながら食事内容を記録していきます。

また、食事内容、体重の増減、カロリーを記録することによって自分自身の体質を導き出すことができます。

しかも、記録し続けることによってデータが増えるに従ってより正確な体質を導き出すことにつながります。


■何かを食べたり、飲んだりしたらすぐに記録しよう。

複数の食材が使用されている食べ物の場合は、使用されている各食材の種類や量も記録できれば記録してみましょう。


■記録した食事のカロリー計算をしよう。

ダイエットアプリ、カロリー計算表などを使えば簡単に調べることができますよ。
もちろん正確でなくてもざっくりな数字でも大丈夫です。
大切なのは、記録して計算するという習慣をつけることなのです。


■体重を計ろう!

1日に1回、決まった時間に体重計に乗って、その数値を記録しましょう。

また、体脂肪率のわかる体重計をお持ちの方は体重計と一緒に体脂肪率も記録しておきましょう。


■可能であれば基礎代謝も測定しておこう。

ダイエットは単純な数字の計算で成功します。

消費カロリー>摂取カロリー

になれば必ず痩せていきます。

そのためにも記録したデータをもとに計算して数字を導き出していく方がより短時間で結果かつ確実に成果を出すことができます。
記録したものは皆さんの一生物のデータになるはずです。

ぜひレコーディングダイエットを試してみてくださいね♪




投稿日時 2017年04月29日

「美活! 筋トレで綺麗になる5つの理由とは?」

「筋トレ!」


と聞くとう~ん(>_<)となる方(特に女性)ってなぜか多いんですよね。

でも筋トレは綺麗につながります。

その5つの理由をお伝えします!



■成長ホルモンって??


筋トレをすると、成長ホルモンが出ます。

成長ホルモンの主なはたらきは


  • 「傷ついた体内組織を回復」
  • 「脂肪の燃焼」
  • 「病気への抵抗力アップ」
  • 「身体の若返り」

などと言われています。


身体の若返り!

筋トレってすごい!



■燃える!燃える!!燃える!!!


筋トレのような強度の高い運動をすると、運動をした後でも身体は燃え続けてくれるんです。
これが


「アフターバーン効果」

その継続時間は48時間程度ともいわれます。

週に2日、1回30分ほどの筋トレで、日常生活でも身体はいつも以上に燃え続けます!



■筋トレでもカロリー消費は大きいんです!


運動後のカロリー消費も大きいのですが、筋トレの最中もしっかりカロリー消費をしています。

でも歩いたり、軽くジョギングの方がカロリー消費をしているんじゃ?
と思いがちですが、軽い有酸素運動との比較であれば、


なんと筋トレの方が同じ時間での消費カロリーは大きい、と言われています。

ガンガン走るのはしんどいな・・・という方にはぜひ筋トレがお勧め!



■ふくらはぎパンパンな方必見!!


むくみやすい方って多いですね。
むくみ、特に脚のむくみは筋肉不足が原因の可能性が高いといわれます。
脚の筋肉にはポンプ作用があり、


老廃物を排出するというはたらきがあります。

筋肉が少ない→ポンプの働きが弱い→むくみやすい

(>_<)キャー

脚に引き締まった筋肉をつけてむくみも冷えも解消していきましょう♪



■やっぱり引き締め効果は筋トレが一番


「筋トレ」と聞くとムキムキになるんじゃ…と思いがちですが、そんなことはありません。

相応のトレーニングの結果、ムキムキになっていきます。
特に女性は女性ホルモンの影響で男性のようには筋肉がつきにくいのが現実です。

一般的には


筋肉がついて引き締まってきます!

筋肉より脂肪が多ければ必然とたるんでしまいます。



さあ、あなたも筋トレでもっと美しく、格好良くなりましょう!
エイムのインストラクターが、あなたのなりたいのナビゲートを行いますよ!!


担当:エイム21 野村 朋広



投稿日時 2017年04月18日

子どもにとってのスイミングの良さ


習い事の1位は水泳!



子どもの習い事ランキング1位のスイミングスクール。なぜ1位なのかというのには訳があります。
スイミングを習う事のメリットをご紹介していきます。

まず水中の運動には4つの特性がある事をご存じですか?


(1)浮力

水中では体重が陸上の10分の1になると言われています。それだけ体が軽くなるという事は、楽に体が動くようになるということ。陸上より関節が動くようになり柔軟性が養えます。全身を動かす水泳は、しなやかなに動ける体を育てます。

(2)抵抗



陸上よりも水中で体が動かし辛いのは抵抗が大きいからです。その抵抗を利用し、体を自在にコントロールしていくのが水泳の特徴です。自分の体をどうやったらより良く動かせるのかという事が自然と身に付きます。よく言われる『運動神経が良い』というのは、どうやって体を動かせば良いか知っているということ。水泳は全ての運動能力を向上させていきます。


(3)水圧


水圧がかかる事で水中では自然と腹式呼吸を生み出します。
深い呼吸は免疫力や集中力を高めます。
また体全体に圧力がかかれば血流もよくなり、軽く動くだけでも高い運動効果を得られます。

(4)水温

水温は体温より低い温度なので、体温を維持するために新陳代謝が活発になります。

その温度や水流、圧力などが自律神経の働きを高めると言われています。

自律神経は体の正常な働きをコントロールしているところです。丈夫で健康に育つ運動、それが水泳なのです。

まとめ


4つの特性以外にもスイミングを習うことには良い事がたくさんあります。

例えば、エイムスイムスクールでは30段階の級別カリキュラムを設けています。
それはなぜかというと、子どもにできた喜びや自分の成長を実感してほしいから。

子どもにとって何かひとつでも出来る事、得意な事があればそれは大きな自信になります。
現在小学校の体育の授業では必ず水泳があります。
25mを泳げる、というだけの事が子どもの世界ではひとつのステータスなのです。

その自信が更なるやる気に繋がっていきます。

体にも心にも良い効果をたくさん与えてくれるため、スイミングが習い事ランキング1位というのも頷けますね。




投稿日時 2017年03月31日