冷え性の対策

冷え性対策「衣・食・住」
その1「衣」
冷えを感じる人は足先の温度が低い。
冷えを感じる人と、そうでない人の皮膚表面温度を比較すると、顔、腹、腰、手平、手の甲、脚、では差がなかったのに対し冷えのある人は足の甲、脚底、の皮膚表面温度が低いので足を中心とした下半身を暖かく保つ必要があります。
冷え性の人は普通の人よりも足先の温度で4度も低く血流量も1/ 3程度まで低下していました。
寒い冬ではとっくりのセーターなど厚着の衣類をしっかり着込むと言うのは少なくとも暖房の効いた室内では不適当です。暖房が効いていると汗をかくため汗で熱を放出してしまうだけでなく汗が乾くときにも体の熱を奪ってかえって体を冷やします。
冬服の基本は「下半身は暖かく、上半身は重ね着で調節」。
上半身の重ね着は外気温や室温などの状況によって調節できるよう、脱ぎやすい前開きのものを選ぶマフラーや手袋を持ち歩くといった工夫も大切です。

その2「食」
身体を温める食べ物、冷やす食べ物を賢く選ぶことが体温管理につながります。
・食べ物、飲み物が冷たいと「冷え」の原因に。
・食べ物、飲み物の温度が「冷え」の原因に。
体を動かしたり、心臓を動かしたりするエネルギーは食べ物から栄養を変えることによる「代謝」と呼ばれるものからですが、代謝から生み出されるエネルギーの75%以上は熱となり体温維持に役立てられます。
一方で胃や腸などでの消化管内では消化が行われる際に入ってきた食べ物を温める際に熱が奪われたりもします。
このため、食べ物の「温度」が体の冷えにつながることがわかります。
なので、出来るだけ暖かいものをくちにする!

< 一日の体温リズムを作るのに朝食はとても重要 >
日常生活での体温は夜間が低く、早朝に最低となり起床、朝食後に急激に上昇しその後も緩やかに上昇し夕刻前に最高に達し緩やかに下降していくというメカニズムです。
睡眠中は代謝も低下し朝食は一日の活動に向けて代謝を高め体温を上げるという意味からもとても重要です。朝食の食事は規則的に暖かく消化の良いものをとることが大切です。(イメージしやすいのは昔ながらの朝食ですね。)


その3「住」
夏と冬では快適温度が違う
快適さを感じる気温は夏に高く冬に低くなり、その差は3℃ とされています。
現代の日本では冷暖房の普及に伴い季節の温度変化がなくなりつつある一方で、過剰な温度調節により室内と屋外の差が20℃ 近いことがあり得る世の中になってきました。
・屋内と屋外の差は7℃ 以内に設定する。
・快適に感じる温度には男女差がある
ということを覚えておきましょう。
屋内と屋外の温度差を7℃以内に抑えることで皮膚血管運動による体温調節が可能な範囲にとどめるのが望ましいと考えられます。
自宅では頭は寒く足は暖かく、を心がけましょう。


投稿日時 2017年12月15日

いまから始めるスイミングのメリット

・スイミングの効果

水泳はひとりで出来るワークアウトですし他人に合わせることなく
自分のペースで行えるという部分でメリットがあります。
膝や腰などに不安を抱えている人も、比較的安心して実践できます。
健康的になりたいと思うお年寄りも今どんどん増えています。

水に浸かるということは、何よりストレス解消効果が高いです。
自律神経も高めますし、活性酸素が増えるのも抑制できます。
体にたっぷりと酸素を取り入れ、血行を促進してくれるので
心臓病や動脈硬化などを予防をしてくれる効果があります。
肉体的にも、精神的にも、健康を維持するには適していると思います。



・週1回のスイミングでも効果は得られるの?

プールは基礎代謝を上げるのに適しています。
基礎代謝とは、「心身ともに安静な状態の時に生命維持のために
消費される必要最小限のエネルギー代謝」のことです。
基礎代謝は、1日の総エネルギーの6割ほどを占めています。
例えば、30代の女性の場合約1140キロカロリーの基礎代謝があるとされています。
そして、基礎代謝が高い人ほど消費するエネルギーが多いため、同じ量を食べても太りにくいのです。
抵抗力がある水中で体を動かすので、ただ単に腕を動かすだけでも、十分なエクササイズ効果があります。
水中でのエクササイズにより筋肉量を増やすことで、基礎代謝を高める効果が期待できるのです。
また、水中では、体のあらゆる方向に水圧がかかります。
普段は使わないような背中、お腹、二の腕などを引き締める絶好のチャンスです。
例えばクロールなら、意識的に腕を大きくかきましょう。
肩をぐっと開いて回すことで、大きく腕をかくことができます。
バタ足をする時は太ももをしっかり動かすことがポイントです。
ひざ下だけでバタ足をするのではなく、足全体を使ってゆっくり動かすことを意識しましょう。
泳ぎが苦手な方は、水中でウォーキングをしましょう。
腕を前後に大きくふり、腰をひねりながら大股で歩くことを意識してください。
ウォーキングやランニングでは、どうしても下半身の筋肉の強化に偏りがちになります。
プールの中であれば、陸上よりも安全に全身を鍛えることができるのが利点です。
週に1度のスイミングでも続ければ必ず効果がでます!
ますは初めてみましょう!!


投稿日時 2017年12月01日

ダイエット講座~基礎代謝編~

現在ダイエットに励んでいる方、これから頑張ろう!と思っている方、「代謝」

に詳しくなって、今のダイエットの質を変えてみませんか?

「代謝」とは?

みなさん「代謝」という言葉はご存じだと思います。この「代謝」は一般的に

下記の3つに分類分けされます。

①基礎代謝:生命維持において消費するエネルギー、代謝量の約7割を占める。

②生活活動代謝:通勤・通学で歩く、犬の散歩、掃除をする、階段を使う等・・・
生活している上で消費しているエネルギー、代謝量の約2割

③食事誘導性体熱産生(DIT):食事を摂る事で消化吸収が行われる際に生じるエネルギー、代謝量の約1割

これらの「代謝」によって、1日の消費カロリーは決定されていきます。

そして今回は、この「代謝」の内、最も多くの割合を占める

①基礎代謝の上げ方について見ていきましょう!

上でも述べたように「基礎代謝」は生命維持で生じるエネルギーの事。

そのほとんどが自分の意思とは関係なく働きます。

その中で唯一「筋肉」のみが自分の意思で働きかける事が出来ます!

つまり筋トレを行うという事が、基礎代謝量をアップさせる事になるのです!


ではウォーキング、ランニング等の有酸素は意味ないのか?

おそらくこのような疑問が出てくると思います。

もちろん有酸素運動もカロリー消費、脂肪燃焼効果はあります!

しかし、有酸素運動による過度なエネルギー消費は、

かえって体が省エネモードになるよう促してしまう恐れがあります。

そのため、有酸素は単独ではなく筋トレも並行して行いましょう!

「代謝」を理解して、運動の質、ダイエットの質を変化させていきましょう!

基礎代謝を上げるキーポイント!

1:基礎代謝を上げるには、筋トレがカギ!
2:有酸素運動は単独ではなく、筋トレとの組み合わせで行う!


投稿日時 2017年11月15日

子供の成長に重要なこと

今私達は運動に取り組み、栄養のあるものを食べるなどして、健康を維持していますが、いつから運動が出来るようになり、健康について考えるようになったのでしょうか?
人は生まれたばかりの頃はほとんど目も見えず、自分で移動することが出来なかったのに、1歳になる頃には、何かにつかまって立って、歩いて、言葉を少しずつ理解し、少しずつ走りだし、自分の意思を伝えられるようになります。

少し具体的にいうと人の脳は3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成すると言われています。
3歳までに脳の8割が完成することからも、この時期に人の性格、知能、運動能力などありとあらゆる面で影響を与えていると考えられます。ですから3歳までの3年間は言葉でも行動でもすべてに愛情をそそいで接することが大切になってきます。そうすることで五感が使われて幸せホルモンといわれるセロトニンが放出され、いろんなことに興味を持ち、学びが深まっていきます。習い事ではベビースイミングなどがオススメですね!
6歳さらには8歳までの時期を「プレゴールデンエイジ」と呼びます。この時期は運動や考えることの基本を経験し身につける時期です。なんでも遊び感覚で経験させることがオススメですね!
9歳から11歳までの時期を「ゴールデンエイジ」と呼びます。この時期は自分が思ったように体を動かす、考えを表現する時期になります。ここでは何かを発表したり、表現したりするなどの機会をつくることがポイントになります!
12歳から14歳までは「ポストゴールデンエイジ」と呼びます。
この時期になると神経系統の9割は形成されています。現状を維持しながら新しいものを取り入れたり、考えながら練習するなどの取組みが必要な時期です。ここでは何かの試合に参加したり、テストに取り組むがオススメですね!

どれも家族や幼稚園・保育園・学校だけで取り組もうとすると難しいですよね!
そんな時はスイミングスクールやダンススクール、空手や英会話などの教室に参加すると、各ゴールデンエイジに必要なことを修得しやすくなりますよ!
是非大切なお子さんやお孫さんにオススメしてみてはいかがでしょうか?


投稿日時 2017年11月01日

身体の連動性を養うトレーニング

身体の連動性を養うトレーニングを紹介します!

連動性を身に付けることで、身体を上手く使いこなす事ができます。
怪我の防止やパフォーマンス向上にも繋がります。



STEP1 足を閉じる時に手を開いてプッシュアップ
STEP2 足を開いている時に手を閉じてプッシュアップ
この2つの動きを繰り返して行います。
動きに慣れてきたら、少しづつスピードを上げてみましょう!


PONT 腰が反りやすいので、常にお腹に力を入れます。
手の力よりも体幹を意識して行いましょう!!!


全身を使うことで、身体機能向上、反射神経の強化、頭のトレーニングにもなります。
普段のプッシュアップに刺激をあたえてみませんか?是非チャレンジしてみて下さい!

実際にスタッフが行っている動画が下にございます。

トレーニング動画


投稿日時 2017年10月15日