健康なカラダのつくり方

健康的なカラダと言えば、皆さんはどのようなカラダを思い浮かべますでしょうか?
風邪をひかないカラダ、ケガをしないカラダなど、他にもたくさんいろいろあるかと思います。
ここでは現代に生きる私たちの大きな健康阻害要因である生活習慣病にならないことを健康なカラダとして提案します。

生活習慣病とは、不健全な生活が積み重なり、それによって内臓脂肪肥満となり、これが原因となって引き起こされるものといわれています。
たとえば、高血圧や脂質異常症に糖尿病などが生活習慣病になります。
これらは進行すると、脳や心臓、血管などに負担を与えます。
そしてその結果、心筋梗塞、脳卒中など、命に関わることを引き起こすことがあります。
ですから生活習慣病の予防・改善は肥満の予防・改善が大切になってきます。
言い換えると肥満を予防・改善するということは、生活習慣を整えるということになります。

生活習慣を整えるということは食事、睡眠、運動の三つのバランスを整えるということです。どれかだけ欠けても良くはなりません。さらには一人一人違うからだや状況に合わせることも必要となってきます。よって健康的なからだづくりの方法は違ってくるということになりますね。
食事では、必要な栄養を必要な量で必要な時に摂れているかのバランスを整えることが大切です。まずはカロリーや栄養素をチェックしてみることからはじめてみましょう。
睡眠は、時間と睡眠の質が大切です。時間は削ることなく十分にとりましょう。
質は就寝前にヒーリング音楽鑑賞やストレッチなどリラックスして就寝することで高めることができます。
運動は運動量や活動量をチェックし、エネルギー消費のバランスを取りましょう。
また運動の際は有酸素運動や筋トレ、ストレッチなどバランス良く運動しましょう。
活動量計や体組成測定機ではかってみるのも良いですね。

これら三つのバランスは継続してこそ成果が出ますので、まずはご自身の続けられるようにマイペースでやることが重要です!!出来るところから見つけて取り組んでいきましょう。


投稿日時 2018年02月15日