運動するのにベストなタイミングは?食前?それとも食後?


運動を行う時、空腹状態で運動をした方がいいのか、それともお腹がいっぱいの時に運動をしたらいいのか…


いつ運動したら良いのか、効果的なタイミングがわからないまま運動をなんとなく行っている方はいらっしゃいませんか?

せっかく頑張った運動が、そのほかのところで効果半減していてはもったいない!!

運動のタイミングや食べるタイミングをコントロールして、より高い効果になるよう工夫してみましょう!

今回は目的別にご紹介いたします。



①ダイエット


体重・体脂肪を減らすために運動をしている方には運動後に食事をする事をお勧めします。

空腹状態で運動をすると体内の糖分の血中濃度が低いので、体にある脂肪が運動を行うためのエネルギーとして使われやすくなります。

糖質など優先的にエネルギーとなる栄養素が少ない時は、体に蓄えられている脂肪をエネルギーとして使用するのです。

また、運動後の食事は、摂取した栄養が運動で使われた筋肉の補修に使われることが多いので、食べた栄養が脂肪になりにくいのです。

ただ、空腹時の運動には注意点があります。

空腹状態はエネルギー不足になる可能性もあり、激しい運動や長時間の運動は危険を伴う場合もあります。

ご自身の体調をしっかりと見極めながら、無理のない程度の運動をすることが大切です。
もし普段よりも激しい運動をする予定の日は、エネルギー不足にならないために運動前に軽食を取るようにしてください。

メインの食事は運動後にすれば問題ありません。


②筋肉を付けたい



筋肉量を増やすために運動をしている方、競技のために運動をしている方は、運動前の食事が効果的です。

筋肉をつけるためには運動パフォーマンスの質が大切です。
筋力トレーニング(筋トレ)を行う際に、限界の重量への挑戦や限界の回数を増やしていくことで筋肉は強くなります。
そのため、体内の栄養が十分に満ちている状態のときが一番の筋トレタイミングといえます。

また、運動前にきちんと食事が出来ないときは、少し軽めの食事をすると良いでしょう。
おすすめは、すぐにエネルギーに変化するバナナやおにぎりなど糖質がメインの食品です。

筋トレを行う際の食事にも注意点があります。

食後すぐに運動をしないことです。バナナ1本程度であれば問題ありませんが、がっつり食事をした後にすぐに運動をしてしまうと、消化不良を起こしてしまう可能性があります。30分程度以上は時間を空けたいところです。


運動を行う目的によって食事のタイミングは様々です。もちろん食事の内容も大切です。

内容に関してはまた別の機会にご紹介いたします。

食事を制す者は運動も制す!
きちんと食事もコントロールして運動の効果を上げていきましょう!!


担当:エイム ムーンフォート 宮永




投稿日時 2015年12月21日