選択されているタグ : 食事管理

季節の変わり目にも体調を崩さない3つの食事ポイント!


最近は気温も高く暑くなってきました。

夏ももうひといき!夏は屋外に出かけることも多くなり、楽しい季節ですね!
皆様はこの夏はどんな予定がありますか?

ただ、この楽しい予定も体調を崩してしまっては折角の楽しみが台無しです。
季節の変わり目は体調を崩しやすく、さらに夏はクーラーで体が冷えることも多くなります。
夏のはじまりって実は体調管理がとっても大切な季節なのです!

そこで今回は免疫力UPの食事のポイントを知りましょう!!


1:発酵食品を摂取する



発酵食品には免疫力をUPさせる栄養素が豊富に含まれています。

発酵食品に含まれる乳酸菌は腸内環境を良くし、有害な菌が増殖するのを抑制する効果があります。

乳酸菌が豊富に含まれる食品はヨーグルトやキムチ、糠漬け等です。
さらに、発酵食品に+αで食物繊維を摂取すると、相乗効果があり、オススメです。

疲れている時や体調を崩したくない時に野菜と組み合わせてぜひ食べてみて下さい!


2:ビタミンB1を忘れずに!



この栄養素が足りないと夏バテになりやすくなります。

ビタミンB1は麺類や甘いものなど夏に摂取が多くなる糖質をエネルギーに変える為に必要な要素です。

この栄養素が不足してしまうと全体的なエネルギー量が不足し、ばてやすい体になってしまいます。
普段の食生活から不足しないよう注意しましょう。
豚肉や大豆、ホウレン草、ゴマの多く含まれます。
ニンニクや玉ねぎに豊富に含まれるアリシンと一緒に食べるとより効果的です。


3:冷たい飲み物の摂りすぎに注意



暑い夏は冷たい飲み物がおいしいですよね。
しかしこれも実は体調不良に陥ってしまう一つの原因なのです。

1回の適量はコップ1杯分(150cc~200cc程)です。
一度にこれ以上の冷たい飲み物を飲むと胃の働きが低下し、体調を崩しがちです。

一度に飲む分量を意識してみましょう。



投稿日時 2017年06月05日

夏バテ対策!!3つのポイント!


最近は30度を超える日も多くなってきています。
そろそろ夏バテに悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のテーマは「夏バテ防止の食事について」です。



夏バテとは主に気温と湿度の変化による自律神経の乱れからくるもので、
症状としては倦怠感や食欲不振、頭痛、発熱、めまいなどがあります。

これを防ぐ食事はどのようなものがあるのでしょうか?

今回は大きく3つに絞ってお伝えします!

① 冷たいものばかり食べていませんか?

夏場はどうしても冷たい食べ物やアイス、そうめんなどを食べる機会が多くなってしまいます。

適度に体を冷やすことは体温を下げる意味もありいい事ですが、
冷房のついている場所で体の冷えた状態で冷たいものを摂取することで体温がより下がってしまい、
体温調節がうまくできなくなってしまいます。

結果として、腸内の不調を招き消化不良の原因となってしまうのです。

② ビタミンB1は摂取できていますか?

ビタミンB1は麺類や甘いものなどの糖質をエネルギーに変えるための必要な栄養素です。

この栄養素が不足してしまうことにより全体的なエネルギー不足に陥り、疲れやすく夏バテしやすい体になってしまいます。

夏バテを実感する前から普段の食生活でビタミンB1が不足しないように注意していきましょう!

ビタミンB1は豚肉、大豆、ホウレン草、ごまなどに多く含まれます。
より吸収率を高め効率良く摂取するにはアリシンを多く含む玉ねぎやにんにくを食べ合わせてみて下さい!

③ クエン酸

炭水化物の消化に欠かせない成分で、さらに疲労の原因である乳酸を排出する機能があるため、
疲れにくい体を作ることができ、さらには夏バテした体の回復に効果的です!

レモンやグレープフルーツ、梅干しなどに多く含まれます。

最近ではサプリメントでも販売されている事が多いのでサプリメントを効果的に使用することもオススメです。

今回は簡単に実施、摂取できる3つをご紹介いたしました。

他にも夏バテに効果的な食品、食べ方は沢山ありますが、是非1つからでも試してみて下さい!!


担当:エイム ムーンフォート 宮永



投稿日時 2016年07月28日

食べる日焼け止めで美肌に!!

紫外線対策!お肌ケアにはあの夏野菜!!

暖かくなってきたこの頃。もうすでに暑いくらいにも感じられます。
日差しも強くなり、女性の皆様は特に日焼け、紫外線対策は気になってくる季節かと思います。

今回は女性におススメ!!
紫外線対策や美肌に嬉しいメニューをご紹介いたします!!

今回の注目は「トマト」です。
普段から身近な食材ですが、美肌、紫外線対策にはもってこいの食品です!

トマトに含まれる栄養素リコピンの効果は…

  1. 紫外線を受け、体内に発生した活性酸素を除去する効果
  2. シミや肌荒れ、たるみの予防
  3. トマトの94%は水分!実は水分補給の効果も!!

生で食べるのも効果的ですが、
さらに効果を高めるためには?? 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※ただ食べるだけではもったいない!!
リコピンの吸収を高める方法

  • リコピンは油に溶ける性質を持つ。油と調理すると吸収率が4倍に!
  • 加熱でも吸収率UP(吸収率1.3倍)

今回はそんなトマトを使ったメニューをご紹介いたします!!


メニュー1:「手早く簡単!トマトとアボカドのマリネ



▽材料(2人前)


  • トマト 1個
  • アボカド 1/2個
  • サラダホウレンソウ 1束
  • 紫玉ねぎ 1/4個

以下はドレッシング

  • オリーブオイル 大さじ1
  • 酢 大さじ1/2
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • ブラックペッパー 適量

▽作り方

  1. ドレッシングを作成(A)
  2. 紫玉ねぎは薄切りにし、塩で軽くもむ
  3. それ以外の食材は切った後すぐに作成したドレッシングに和える

ポイント

オリーブオイルで和えることで吸収率UP!!
さらにアボカドには美容に効果的なビタミン群が豊富!
抗酸化作用が抜群の、紫外線対策にも、美肌にも良い、簡単にできるレシピです!


メニュー2:「あまったごはんでOK!!トマトリゾット



▽材料(2人前)


  • ご飯 茶碗1.5杯
  • トマト缶 1/2

※量により濃さが変化しますのでお好みに合わせ追加してください。

  • 玉ねぎ 1/4個
  • アスパラ 2本
  • ツナ缶 1/2缶
  • コンソメ 1個
  • 水 150CC
  • チーズ 1枚
  • ブラックペッパー 適量
  • トッピング用 ベビーリーフ 適量

▽作り方

  1. 玉ねぎ、アスパラをフライパンで炒める。(油小さじ1)
  2. 材料を加え、中火で7分煮込む
  3. 火を止め、チーズを加え、軽く混ぜ合わせる
  4. お皿に盛りベビーリーフをトッピングし、完成!!
ポイント

トマトの加工食品は生よりも吸収率が高く、さらに過熱することで、より効果が期待できる。
ツナに含まれる油分も吸収率UPに効果的!

トマトも夏野菜です。

野菜は旬の季節が、栄養素が一番高く、おいしく食べる事が出来ます。
これからの季節にぴったりですので、ぜひお試しください!


投稿日時 2016年05月16日

【mao's kitchen】味噌のチカラで免疫力向上スープ!


■風邪に負けない身体を!お味噌に再注目


めっきり寒くなってきて、体が冷えるこの季節。寒さや感想から風邪を引いてしまうことも。

今回は風邪の大敵である身体の冷えを防止して、免疫力が高まるスープのレシピをご紹介します!



投稿日時 2016年01月29日

運動するのにベストなタイミングは?食前?それとも食後?


運動を行う時、空腹状態で運動をした方がいいのか、それともお腹がいっぱいの時に運動をしたらいいのか…


いつ運動したら良いのか、効果的なタイミングがわからないまま運動をなんとなく行っている方はいらっしゃいませんか?

せっかく頑張った運動が、そのほかのところで効果半減していてはもったいない!!

運動のタイミングや食べるタイミングをコントロールして、より高い効果になるよう工夫してみましょう!

今回は目的別にご紹介いたします。



投稿日時 2015年12月21日