エイムブログ「スリーミニッツ」

夏バテ対策!!3つのポイント!


最近は30度を超える日も多くなってきています。
そろそろ夏バテに悩まされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回のテーマは「夏バテ防止の食事について」です。



夏バテとは主に気温と湿度の変化による自律神経の乱れからくるもので、
症状としては倦怠感や食欲不振、頭痛、発熱、めまいなどがあります。

これを防ぐ食事はどのようなものがあるのでしょうか?

今回は大きく3つに絞ってお伝えします!

① 冷たいものばかり食べていませんか?

夏場はどうしても冷たい食べ物やアイス、そうめんなどを食べる機会が多くなってしまいます。

適度に体を冷やすことは体温を下げる意味もありいい事ですが、
冷房のついている場所で体の冷えた状態で冷たいものを摂取することで体温がより下がってしまい、
体温調節がうまくできなくなってしまいます。

結果として、腸内の不調を招き消化不良の原因となってしまうのです。

② ビタミンB1は摂取できていますか?

ビタミンB1は麺類や甘いものなどの糖質をエネルギーに変えるための必要な栄養素です。

この栄養素が不足してしまうことにより全体的なエネルギー不足に陥り、疲れやすく夏バテしやすい体になってしまいます。

夏バテを実感する前から普段の食生活でビタミンB1が不足しないように注意していきましょう!

ビタミンB1は豚肉、大豆、ホウレン草、ごまなどに多く含まれます。
より吸収率を高め効率良く摂取するにはアリシンを多く含む玉ねぎやにんにくを食べ合わせてみて下さい!

③ クエン酸

炭水化物の消化に欠かせない成分で、さらに疲労の原因である乳酸を排出する機能があるため、
疲れにくい体を作ることができ、さらには夏バテした体の回復に効果的です!

レモンやグレープフルーツ、梅干しなどに多く含まれます。

最近ではサプリメントでも販売されている事が多いのでサプリメントを効果的に使用することもオススメです。

今回は簡単に実施、摂取できる3つをご紹介いたしました。

他にも夏バテに効果的な食品、食べ方は沢山ありますが、是非1つからでも試してみて下さい!!


担当:エイム ムーンフォート 宮永



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

夜遅い食事…様々な健康リスクが!注意点は?

おもちをヘルシーに食べる方法とは?

季節の変わり目にも体調を崩さない3つの食事ポイント!

食べる日焼け止めで美肌に!!

【mao's kitchen】味噌のチカラで免疫力向上スープ!

運動するのにベストなタイミングは?食前?それとも食後?

最新記事

人気の記事

年別アーカイブ

タグ