足首が硬くてしゃがめない人のストレッチ

足首が硬いと、足がむくんだり、足の裏側からお尻にかけて、うまく使いにくくなります
骨盤の働きも悪くなるため足首が硬いだけで様々な弊害があります
歩く動作階段の上り下りスポーツなどでも足首の関節は常に動作しています

足首関節の動きに強く影響を与える重要な筋肉は3つあります
①ヒフク筋
ヒフク筋は、足首関節を屈折させる動作と膝関節を屈曲させる動作に使われます。
②ヒラメ筋
ヒラメ筋は、足首関節を屈折させる動作をサポートします
屈折運動はヒラメ筋とヒフク筋の2つが影響するためストレッチでもこの2つを伸ばしてあげましょう
③前脛骨筋
前脛骨筋は足首関節を伸展させる動作で力を発揮します。
足首の背屈を前脛骨筋が主導筋として働いています。


足首が硬くかかとをつけてしゃがめない人のストレッチ
①ヒラメ筋のストレッチ
片方の膝を立ててしゃがみ、立てた足のつま先と反対の膝の位置をそろえます
そして立てた膝を押すことで伸ばすことが出来ます
②ヒフク筋のストレッチ
足を前後に開き後ろ足のかかとを床につけたまま前方に体重をかけることで
伸ばすことが出来ます。
③ツールを使用したストレッチ
少し段差のあるものを用意してつま先だけ乗せます
かかとを上げつま先だけで乗っている状態でキープする
④ツールを使用したストレッチ2
片足を一歩踏み出して段差のあるものにつま先だけ乗せます
ゆっくりと前屈して足首からふくらはぎ、太ももの裏が伸びるのを感じ
心地よく感じるところでキープします

趣味でスポーツをする人やジムに通い運動をしている人で慣れてくるとストレッチを怠ってしまう方がいます。思わぬ怪我を防ぐためにも日ごろから足首に限らずストレッチを行う習慣を作っていきましょう


投稿日時 2019年12月15日