話題のダイエット?

「ダイエット」= 痩せる ではありません。

元来ダイエットとは健康や美容などを目的として食事の質や量を制限することであり、転じて日本では主に痩せるための運動や生活習慣の改善の意味を指します。(海外では、痩せるための運動はダイエットとは言いません)
多くの人が「ダイエット=運動や食事制限によって痩せること」と解釈していますが、実はこれは誤解であって「運動や食事量を管理して、適正な体重にしていくこと」が「ダイエット」の本来の意味です。
従って、痩せ過ぎの人が食事量を多くして体重を増やす行為も「ダイエット」と言います。

「ただ体重を落とすだけ」ではなく、健康的な身体や理想の身体をつくっていくことが「ダイエット」と言えるのです。

話題となるダイエット法においてもこの「ただ体重を落とすだけ」の方法で語られている場合が残念ながらあります。
大切なのは理想とする体になる為に食事や運動や生活習慣の改善等を用いて、どのように健康的な身体づくりをできるかです。

今行っているそのダイエット法が「ただ体重を落とすだけ」のものではないですか?
「ただ体重を落とすだけ」で身体や精神が不健康になるのならばそれは「ダイエット」としては正しい方法ではないのです。

では、何が正しい「ダイエット」なのか。

一番大切なのは、まず自分の食事や摂取している栄養を把握することです。
自分が何を食べていて、その栄養素やカロリーがどれだけあるのか知っていますか?
もしくはそれを知ろうとしたことがありますか?
知らないと答える方が多いのではないでしょうか。

自分が食べるもの、体内に入れるものです。是非調べてみてください。
その料理は何の食材を使っていて、どんな栄養素で構成されているのか?
糖質、脂質、タンパク質の量や割合はどれだけか?
細かく調べるのは面倒だという方は、おおよそのカロリーだけでもいいです。

まずは自分の食生活を知ることです。

知ったうえでどうするかを考えるのがいいでしょう。
糖質を取り過ぎているので量を減らす、違うものに置き換える。食事でも間食でも脂質が多いのであれば揚げ物等の油を多く使ったものは避ける。等々自分なりの対策がみえてきます。
あとは調べた食生活や、その対策に当てはまる「ダイエット」法を選ぶだけです。

ただ注意したいのは、いきなり必要な栄養素やカロリーを極端に減らしたり無くしたりしてしまうこと。
食事を減らせば確かに体重は減少します。しかし身体に必要な栄養は足りなくなり、脂肪と共に筋肉も減少、ストレスはたまる一方です。
つまりこれが「ただ体重を落とすだけ」の「ダイエット」。
いくら話題になっていようと自分に合わない「ただ体重を落とすだけ」のものではダメなのです。

自分に必要なカロリーや栄養素の量を満たしつつ、余分な分をカットしていってください。
その為に自分の食生活を知るのです。
ひとつでもふたつでも食事について調べてみれば意識が変わっていきますよ。

ここで食事についてひとつオススメするとしたら、脂質を減らしタンパク質を増やすこと。
糖質は活動するエネルギーの源。身体を動かす為に絶対に必要なもの。
糖質は減らさず、油分を減らすことでカロリーを減らします。
タンパク質は身体をつくる元となるのでたくさん摂取しましょう。
低脂質高タンパクの食事にするだけでかなり変化があるのでオススメです。

食事を変えたら、あとは運動を併せるのが理想の身体をつくる「ダイエット」の近道。

その運動の手助けは私達がさせて頂きます。
エイムでお待ち致しております。



投稿日時 2020年02月15日