運動に順番があるのをご存知ですか?

料理にはレシピがありますね。どんな食材を使い、どれくらいの量を、どのタイミングで使うのかが明確に示されています。

運動も同じように、どんな運動を、どれくらいの量で、どのタイミングで行うかが非常に大切になります。
今回は効率的な脂肪燃焼につながる運動について、オススメの順番をお伝えいたします。

オススメの順番は「筋トレ → 有酸素運動」です。
それには、2つの理由があります。

まず1つ目は、筋トレをすると「成長ホルモン」という脂肪の分解を促進してくれるホルモンが分泌されます。
脂肪の分解が促進され、血液中で脂肪が燃えやすい状態になっていれば、有酸素運動をした際の脂肪が使われる割合が高まるといわれています。

2つ目はヒトの身体が使う2つのエネルギー源と関係しています。
エネルギーとなる「糖質」と「脂質」の使われる割合は運動の強度によって変化し、筋トレのような無酸素運動は主に糖質が使われ、一定時間以上の有酸素運動は、脂質が使われやすい傾向があります。
そして、有酸素運動時には身体に残存する糖質エネルギー量が少ないほど、脂質をエネルギー源として使用しやすいと言われています。
そのため、先に筋トレをして糖質エネルギーを消費しておけば、有酸素運動時の脂肪燃焼効率が高まるというわけです。

ぜひ「筋トレ → 有酸素運動」の順番を意識しながら、効率の良い脂肪燃焼をしていきましょう。