【エイム】健康経営への取り組みについて

株式会社エイム 健康経営の基本方針

エイムは1988年の創業以来、地域の健康インフラとして存在してきました。

社員が健康で、かつ健康インフラにふさわしい健康リテラシーを持つことが当社の企業理念を達成する土台となるという考えに基づき、健康経営を推進しています。

エイム健康産業人宣言

エイムが健康産業として存立するためには、従業員一人ひとりが人財となり、従業員が主体的に健康維持増進を図るだけではなく、会員様を健康に導ける健康産業人となれるよう会社と一体になって様々な取組を推進します。

また当社の行う様々な事業活動を通じて、施設が存在するすべての地域の健康に資することで社会に貢献してまいります。

健康経営の推進体制

経営陣より選任された健康経営担当役員の指揮のもと、本社総務部が中心となって各種施策を実施、浸透させます。

各種施策の実施により、従業員間のコミュニケーションの活性化をはじめワークエンゲージメントを高めることにつなげてまいります。