一般事業主行動計画

この計画は、「次世代育成支援対策推進法」に基づき、 次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備や、仕事と子育ての両立を支援するための雇用環境の整備を目的として策定したものです。

行動計画

計画期間 平成29年4月1日~平成31年3月31日
(内容)
目標1 子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活の両立を支援するための環境整備
目標2 働き方の見直しに繋がる環境整備
目標3 次世代育成支援のための雇い入れまたは職業訓練の推進

目標達成のための対策

1. 育児休業を取得しやすい職場環境を整備
2. 育児休業取得実績の公表
3. 育児休業終了後、子の小学校就学前まで勤務時間短縮等の制度を設ける
4. 復職時面談を行い、家庭生活との両立支援のため就労環境を整備
5. 女性労働者の育成に関する管理職研修の取組み
6. 子が生まれる際に父親に休暇を付与
7. 働き方の見直しに繋がる「ノー残業ディ」の設置を検討
8. 年次有給休暇の取得の促進のための措置の実施
9. インターンシップの受入等を通じ、若年層の就労体験の機会を提供

実績

1. 平成29年3月末現在 女性の育児休業取得率100%(対象者全員取得)
2. 育児休業終了後、原職または原職相当へ復帰
3. 男性に対し、配偶者の分娩(出産)の際は特別休暇を付与
4. 女性管理職育成のための外部研修受講(選抜者)
5. 大学生、短大生のインターンシップを受入れ、若年層へ就労体験の機会を提供