経営理念・行動指針

経営理念

一、会員主体のクラブ運営の実現を目指しウェルネスの提案を通じて、豊かで健康な未来社会に貢献します。
一、関連する事業の研究開発につとめ、地域のニーズにあったソフト型健康事業を目指します。
一、国家が進める健康行政を支える企業として、社会的に認識される様、運営の充実に努めます。
一、企業を支える人々が、夢と生きがいを持てる協調集団を目指します。

エイムの使命は、健康サービス活動を通じて社会生活の改善と向上を図り、国家の健康行政を支えることです。
企業理念は、エイムの事業の目的とその存在の理由を簡潔に示したものであり、 あらゆる経営活動の根幹をなすものとなっています。
昭和63年、現相談役の吉田正弘が制定して以来、現在にいたるまで、エイムは常にこの考えを基本に事業を進めてきました。

行動指針

1.心のビジネスである事を大切にし、来館される会員様に対し最高のおもてなし(対応)に努めます。
2.会員様のご意見、ご希望を正確に知るよう努力し、絶対に「ノー」と言わず適切な対応に努めます。
3.常に新鮮さを大切にし、ハード・ソフトのあらゆる分野において創造的な姿勢で取り組みます。
4.安全第一、会員様にわかりやすいオペレーションに努めます。
5.情報収集と自己研鑚に努め変化の流れをキャッチし、将来に向けた対応に努めます。
6.時間を大切にし、常に効率的な業務遂行に努めます。
7.常に笑顔を絶やさず明るく、働き甲斐のある感じられる職場を目指します。
8.清潔でシンプル、整理整頓の行き届いた職務環境を大切にします。