3つのポイントでクロールが劇的「美フォーム」に!


クロールを泳ぎながら、「息継ぎが上手くいかないな…」と感じたことはありませんか?

キレイにクロールを泳ぐためには、、、そう「息継ぎ」が大きなポイント。

「息継ぎ」をマスターすると今までのあなたのクロールが「美フォーム」に一変していきます!
ラクに、カンタンに、かつキレイに泳ぐための3つのポイントを知って、泳ぎ方を変えてみませんか?

1:息は「吐く」時がポイント!

「吸う」よりも鼻と口から「同時に吐く!」でスムーズな息継ぎに。

息継ぎのときに、意識が息を「吸う」ことに向いている方、多くないですか?
しかし、そうすると肺に余計な負担がかかり、息苦しく感じることが多くなります。
そのため、息を吐くときにしっかり意識をして、肺にスペースを確保することが大切です。
しっかり「吐く」ことを意識すればおのずと体は酸素を欲して、無意識に「吸う」ことができます。

もう一つの息を「吐く」ときのポイントは、鼻と口の両方から「同時に吐く」こと。
「同時に吐く」ことで素早く呼吸を行う事ができ、お勧めです。

2:体は水平に。まっすぐに。

背筋を伸ばして「バンザイ!」。美姿勢が「ストリームライン」をつくります。

「バンザイ」をして、両手を重ねて腕は耳の後ろにつける。体が大きく反らないよう、少しだけ腹圧をかける。
これが泳ぐときの基本姿勢となる「ストリームライン」です。


両手を重ねて腕は耳の後ろに。


体が大きく反りすぎないようにするのがポイント。

これが泳ぐときの基本姿勢となる「ストリームライン」です。
この基本姿勢「ストリームライン」を崩さないようにすると、キレイなフォームで泳ぐことができます。

次に息継ぎのポイント。
クロールの息継ぎの際には、「体を横に向けてすると良い」とよく言われますが、クロールに慣れていない方は身体を横に向けてしまうと、体に対する浮力が減ることで体が沈んでしまい、体の軸(キレイなストリームライン)がずれて余計に力が必要になってしまいます。

慣れていない方は身体を横に開くよりも「顔を横に向けるだけ」で呼吸をする方がテクニックを必要とせずに泳ぐことができます。


良い例:顔だけを横に向けます。


悪い例:身体全体が開いてしまうと浮力が失われてしまいます。

3:力を抜いて「脱力感」を。

「首を長く、長く、」の意識で肩をリラックス。

クロールを泳ぐ際、体に力が入り過ぎている人を良く見かけます。

肩や体全体に力が入り過ぎると体が反り返ってしまい、だんだん体が沈み、水平ではなくなってしまいます。
ある程度の「脱力感」を意識した方が、体は楽に、水の動きに合わせて進むことができるので楽に泳ぐことができます。
特に力が入りやすい肩は、より脱力させる事が重要です。
「首を長く、長く、」と意識すると良いでしょう。

「クロールがどうも苦手、、、」と思っているあなたにあてはまるポイントありましたか?

今日からできる3つのポイントを意識して、よりキレイに、ラクにクロールを泳いでみてください!!

エイム ムーンフォート店 宮永



投稿日時 2015年06月28日