5/15スイミングが習い事NO.1の理由

小さい頃からスイミングを習わせるといい!
とよく言われていますが、何がいいの?
そう思われているお母さん、お父さん。
今回は、スイミングの良さについてお話していきます。

スイミングには子どもたちのカラダにとって多くのメリットがあります。

①全身がバランスよく鍛えられる。
浮力により関節や骨への負担を軽くした状態で、
全身の筋肉がバランスよく鍛えられます。
②基礎体力がつく。
少ない酸素でたくさん身体を動かすことができるという、
“基礎体力”をつけることができます。
③心肺機能が向上する。
ぜんそくにはプールがいい、とよく言われるように、
胸に水圧がかかるため呼吸筋が活発に働き陸上運動よりも
効率よく心肺機能を向上させることができます。
④身体が丈夫になる。
プールに入ることで体温調節機能が向上し、
皮膚感覚が強くなるため、風邪などに対する抵抗力が強くなっていきます。
⑤精神面も強くなる。
練習を重ね上達するにつれて自分に自信が持てるようになっていきます。
またみんなで行動することで、協調性や社会性、規律性の習得ができるだけではなく、
最近増加している子どものストレスの解消にも役立つといわれています。

代表的なメリットを挙げてみましたが、
まだまだたくさん良い事があります。
ぜひ小さい頃から身体を動かし体力・身体づくりを、
お友達と一緒に行動する協調性や社会性を養うことを、
子どもたちの将来が素晴らしいものになるよう、
サポートしていきましょう!


投稿日時 2018年05月16日