ヒップアップで綺麗なラインを

綺麗なヒップラインは女性にとって永遠のテーマであり憧れですね。
座ることが多くなった現代社会では昔に比べて、お尻周りの筋肉を使うことが少なくなりました。
つまり、鍛えなければ衰える一方なのです。
今回は、ヒップアップにフォーカスして3つのポイントをお伝えしていきます。

①そもそも今の負荷で大丈夫?
ヒップアップのトレーニングを開始するときにありがちなのが
どんな種目をすればよいかばかりを気にして、どれくらいの負荷でトレーニングするかを
深く考えないことが良くあります。
筋繊維を刺激するには、そこそこの負荷ではなくしっかりと負荷をかける事が大切になります。
・7~15回行える強度
・2~4セット繰り返す
日常生活で使うことが減った分、しっかりと負荷をかけることがポイントです。

②お尻だけを鍛えていないか?
私たちの身体の筋肉は全身が連動するように支え合い、動いています。
もちろんお尻も同じく、お尻の下に位置する筋肉ハムストリングスはおしりを
下から支えてくれる役割をしてくれます。
ヒップアップにはハムストリングス(もも裏)の筋トレは欠かすことができません。

③十分な可動域があるか
最後に、お尻をトレーニングする、動かすとは言っても可動域の小さいトレーニング
動作をするのは効率が良くありません。お尻が硬くて少ししか動かせない人よりも
可動域が広く大きく動かせる人の方が、同じトレーニングをしても効果が大きくことなります。

以上の負荷、周りの筋肉、可動域の3点を考えることで種目や回数だけではない
ヒップアップトレーニングの楽しさを感じる事が出来るはずです。


投稿日時 2017年09月15日