「ウエストシェイプ」を考える

夏はウエストが、いつにも増して気になりますよね。
夏は薄着で肌の露出も増える分、引き締まったウエストでいたいですよね!
みなさんもきっとお腹を引き締める為にいろいろやってみたことがあると思います。

ウエストを引き締めるにはコツが必要です。
ウエストシェイプを成功させるためには、やみくもに腹筋をやるだけではなく 
食事などの工夫も重要になります。

ウエストシェイプでポイントになるのが3つになります。
「1つはカロリーの摂取を控えるようにすることです。」
どこをシェイプするにしてもそうですが、カロリーを抑えることが大切です。 
これができていないと当然痩せてくれません。 
特にウエストの内臓脂肪はなかなか燃焼してくれない脂肪で
内臓の周囲や腸間膜や大網といった腹膜の表面にべったりと脂肪のことをいいます。 その原因はやはり食べ過ぎや高脂肪などが要因になります。
やはり必要以上にカロリーを摂取してしまうと、あちこちに脂肪がついてしまいます。 まず摂取カロリーが消費カロリーを超えないようにすることが余計な脂肪をつけないコツです!!

「2つ目は運動することによって代謝機能が上げることです。」 
まず代謝を上げるためとお腹をたるませない為に腹筋をつけることが必要です! そしてウォーキングやジョギングなどの有酸素運動で脂肪を燃やします!! 
筋肉があるとお腹をたるませないだけでなく、それだけで脂肪が燃えやすくなります!!
有酸素運動は軽めのものでもので1日20分程度取り組むだけでも効果があります。

「3つ目はポイントを継続して続けることです。」
さらに効果を高めるためには長続きさせて毎日できるようにすることが一番になりますので
そこまで辛くないエクササイズすることがオススメです。
運動についてのアドバイスはエイムトレーナーにお気軽にお声かけください!!


投稿日時 2017年09月01日