エイムブログ「スリーミニッツ」

フレイルになると、何が大変なの?—地味に悪いのが一番大変!—

こんにちは!フィットネスクラブエイムです。

最近我々が口を酸っぱくしてお伝えしている「フレイル」ですが、ご存知でしょうか。

フレイルとは…
「加齢に伴う心身の衰弱」と言われています。体だけでなく、心も衰弱するとは…?
その仕組みは以下です!


フレイルの状態は?

このように、体の少しの不調からどんどん負の連鎖が始まってしまいます。
とくにこの2年半、コロナ禍で行動制限もあり、運動量が極端に減っていることはありませんか?
実際に会員様のお声を聞くと、
「週4回は来てたエイムが、週2回程度になったかも…?」
「エイムの他に友達と散歩やハイキングにも行っていたが、それがなくなった」
「旅行が趣味で全国いろんな場所に行ったが、機会が減って歩くことが減った」
「人混みを避けるから、買い物もネットが中心になった」
「今年の夏は熱中症が怖くて外にでれない」
「定期的に集まっていた友人たちも、コロナ禍で連絡をあまりとらなくなった」
などなど…
そんな些細なことがきっかけで、フレイルに近づくことがあるんです。


心と体は非常に密につながっており、体の調子が悪ければ心の調子も悪くなる。
逆に、心の調子が悪ければ体の調子も悪くなる。
この場合、心から調子を良くするのは、とっても大変で難しいことです。
よほど訓練や修練を積んで、セルフコントロールができる超人みたいな人であれば、
自分自身で心の調子を整えていくのかもしれませんが、私を含め、ほとんどの人は心が元気ないときに
「元気になろう!」と決めただけで元気になる人なんて、見たことありません!

そんな時はどうするか?
答えは「カタチから入る」です。つまり、体(外側)から元気になるように、体を動かすことが重要です。

いきなり激しい運動をする必要はありません。
まずはお家の周りを15~20分程度お散歩するだけでもOK!
熱中症が怖い方は、日傘や少しでも涼しい早朝、夕方以降など時間帯も選んでいくと良いですが、
難しい場合にはやはり室内運動が安心ですね。
フレイル予防として、
・毎日の歩行+10分
・タンパク質を意識した食事
・人に会う
これだけでも充分予防になっていきます。詳しくは厚生労働省のこちらの資料もぜひご覧ください!
フレイル予防(厚生労働省)

大病なわけでも、まだ介護が必要なわけでもない。
でも、「なんだか体がしんどいなぁ。前と違って元気ないなぁ。」と感じている、
または周りがそう心配している状態は、フレイル予備軍(またはフレイルかも!)です。
ご自身の健康は家族を含め、周りみんなを健康にしていく連鎖があると思います。
ぜひこれを機会に、また運動を少しずつスタートしていってくださいね。

Enjoy! Fitness Life!!


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

栄養バランスの難しさと大切さ…

腰の構造を知ろう!

おしえて!フィットネス「熱中症対策!飲み物に注意してください!!!」

現代病のひとつ、ストレートネックとは

夏はすぐそこ!HIIT系トレーニングで絞り出しましょう!

梅雨の季節、体調管理に注意しましょう!

最新記事

人気の記事

年別アーカイブ

タグ