夏バテ予防には運動が効果的!

暑い毎日が続きます。ついつい冷たいものばかり食べたり、動くのが億劫になり、涼しいお部屋で過ごす時間が多くなってはいませんか?
そもそも夏バテの原因とは?と聞かれて意外に知らないものです。
原因の一つには、自律神経のバランスの乱れによる体調不良があります。寒いエアコンの効いたお部屋から一歩外に出れば30度超える猛暑。。この繰り返しで体調を崩す事をよく耳にします。
自律神経にはリラックスする時に働く副交感神経と、活発に活動してるときに働く交感神経があります。
この2つの神経のバランスが夏の暑さによるストレスで交感神経が優位になりバランスを崩し、体調不良を引き起こします。
そこで!リラックスしているときに働く副交感神経を高める運動をすることでストレス発散にもなり、自律神経のバランスをとることができます!
その運動が有酸素運動になります!
有酸素運動といってもがっつり汗をかく運動ではなく、例えばお家の中でスクワットをしたり、階段を使って踏み台昇降をしてみたり。
また涼しい時間に外を歩いたり、30分程度のジョギングもおすすめです!

これから秋のマラソンの為に走ろう!と思っている方も多いかもしれません。しかし暑い外に出た瞬間身体がバテてしまう方はいませんか?
これはまだ身体が暑さに慣れていないということがあります。
私自身も夏場の.トレーニングは体が暑さに慣れるまで毎年同じ練習をしてもきつく感じます。
まず身体を夏の暑さに慣れさせるためにランニングなどの有酸素運動を30分以上10日間継続したり、高反復法をで入浴をし、体温を高める準備期間を作ります。
この準備期間を暑熱順化といい、発汗機能の変化、汗の成分の変化、血液量の増加の効果があり、夏バテ予防、熱中症予防に効果的です。
その際しっかり水分補給を行なうことが必須です。
夏バテ知らずの体を作っていきましょう!!


投稿日時 2017年08月01日