外を走ってみましょう!



「トレッドミルだけでは外で走るための走力は鍛えられない!?」


天候もよくなり青空が見える季節になりましたね。

4月には金沢マラソンをはじめとし、大型レースの申込みをされた方も多いと思います。
抽選結果は6月ごろとなると今はまだまだ「走る」ということに気持ちが乗らない…という方も多いのではないでしょうか。

とりあえず当たるかわからないし。。。 当選してから本腰をいれようかな。。。
などまだまだ重い腰が上がらない方も多いのでは?!?

しかし、今が一番走り始めるのに最適な季節です! 

よくトレッドミル(※)だけ走っています!というお声を耳にします。
(※トレッドミル:屋内でランニングやウォーキングを行うための健康器具のこと。)

トレッドミルで走るのと屋外をはしるのではなにが違うかご存知でしょうか??
まずはトレッドミルの良い点は?

------


  1. 気候、気温が一定で身体に対する負担が少ない!
  2. 一定のペースで走るのでペース走などの練習に適している!
  3. ベルトが自動的に回るので踏み込んで推進力がなくても走れる!
  4. 上り坂、下り坂のトレーニングが出来る!
  5. 心肺機能の向上できるトレーニングができる!

-----

などです。 

次にデメリットは、、、

-----

  1. 景色が変わらないので飽きやすい。
  2. 踏み込むちからを使わないので実際の外で走る走力とは異なる。
  3. オーバーストライドになり気味になる。

-----

特に②がトレッドミルで走るだけではマラソンは難しいことを表しています。


ベルトが動くことで下腿の筋肉やハムストリングス、など走るのに重要な筋肉に負荷がかかりません。 

トレッドミルばかりだと実際地面を蹴る、押すための筋力をつけることができません。

またその蹴る、押すがない走りの動作では、足がベルトで流れやすくなり、
身体の連動性が崩れフォームを崩す事もあります。

マラソンでは42.195kをいかに無駄がなく、長い時間動ける身体、筋持久力をつけるかが
重要になります。

この筋持久力をつけるためにもまず外を走る事をお勧めします。


「オススメのジョギング方法は・・・?」

■この時期にオススメなのは起伏を利用したジョギングです。

起伏を走る事により足の筋力向上が望め、筋トレをしなくても筋トレの効果がある練習です。
筋トレする時間がなかなか取れない方にぜひお勧めです。

ただし、どうしても外を走る時間が取れない方は、トレッドミルを走る際、傾斜を2%前後つけて走りましょう。

外を走るのに近い負荷が足にかかります。

この時期は「走る」という事の土台作りをする期間です。

スピードよりもじっくり走り込む練習を行っていきましょう。 

何事も土台がしっかりなければよい物は生まれません。
じっくり焦らずに行っていきましょう!




投稿日時 2017年05月20日