子どもにとってのスイミングの良さ


習い事の1位は水泳!



子どもの習い事ランキング1位のスイミングスクール。なぜ1位なのかというのには訳があります。
スイミングを習う事のメリットをご紹介していきます。

まず水中の運動には4つの特性がある事をご存じですか?


(1)浮力

水中では体重が陸上の10分の1になると言われています。それだけ体が軽くなるという事は、楽に体が動くようになるということ。陸上より関節が動くようになり柔軟性が養えます。全身を動かす水泳は、しなやかなに動ける体を育てます。

(2)抵抗



陸上よりも水中で体が動かし辛いのは抵抗が大きいからです。その抵抗を利用し、体を自在にコントロールしていくのが水泳の特徴です。自分の体をどうやったらより良く動かせるのかという事が自然と身に付きます。よく言われる『運動神経が良い』というのは、どうやって体を動かせば良いか知っているということ。水泳は全ての運動能力を向上させていきます。


(3)水圧


水圧がかかる事で水中では自然と腹式呼吸を生み出します。
深い呼吸は免疫力や集中力を高めます。
また体全体に圧力がかかれば血流もよくなり、軽く動くだけでも高い運動効果を得られます。

(4)水温

水温は体温より低い温度なので、体温を維持するために新陳代謝が活発になります。

その温度や水流、圧力などが自律神経の働きを高めると言われています。

自律神経は体の正常な働きをコントロールしているところです。丈夫で健康に育つ運動、それが水泳なのです。

まとめ


4つの特性以外にもスイミングを習うことには良い事がたくさんあります。

例えば、エイムスイムスクールでは30段階の級別カリキュラムを設けています。
それはなぜかというと、子どもにできた喜びや自分の成長を実感してほしいから。

子どもにとって何かひとつでも出来る事、得意な事があればそれは大きな自信になります。
現在小学校の体育の授業では必ず水泳があります。
25mを泳げる、というだけの事が子どもの世界ではひとつのステータスなのです。

その自信が更なるやる気に繋がっていきます。

体にも心にも良い効果をたくさん与えてくれるため、スイミングが習い事ランキング1位というのも頷けますね。




投稿日時 2017年03月31日