お水は友達!-2 お水にもぐるための楽しい練習方法!

以前の3ミニッツブログでは「お顔を水につけるための練習方法」をご紹介しました。
↓こちら↓
お水は友達!顔つけもぐりを楽しく練習する方法!

今回はさらに進んでお水にもぐるためにはどんな練習方法を行っているのかをご紹介したいと思います。

「かわいいひよこちゃん」が一生けんめいがんばりますよー!(^ ^)


■『鼻ブク』をマスターするには「お口ブクブク」から


まずは以前のブログでもご紹介した『鼻ブク』。

これができないと怖さが勝ってもぐるのが難しい…。
鼻ブクをすることで、お水がお鼻の中に入るのを防ぎます。お水がお鼻の中に入ると痛いですよね。

痛いと子どもたちはすごく嫌がります(もちろん大人も、ですが)。

まずはお口までお水につけて、お口からブクブク。
いっぱい「泡ブク」ができますね。


口から泡ブクを出すひよこちゃん。まだまだ水に慣れていないようです。


■つぎは鼻をおもいっきり「フーッッ!!」


つぎはこのままお鼻から「フーッッ」と空気を出してみましょう。
お鼻の前のお水が飛び散りますね。

続いてはお鼻の穴くらいまでを水につけて、同じように「フーッッ」!
お鼻からブクブクブク、と泡が出ます。

おもしろいですね♪


お鼻ブクブクのひよこちゃん。まだお水がこわいかな?


さぁ最後の関門です!!

頭まで浸かって「フーッッ」!!

水の中でお鼻からブクブクできれば完成です!


ひよこちゃんもお水に慣れたようですね!ひよこちゃん全体が水の中に入れば完璧です!



ひよこちゃん!ヤッター!!!!


■さあ、次はもぐってみましょう!


ここからはもぐる練習。

プールの水深ではお子様の足が届かないため台を使っていますが、
そこに≪おしりぺったん≫できるようになるのがゴールです。

前回のブログにあったダイブリングや小さなブロックなどを台の上に沈め、
宝探しゲームをすると夢中に水の中に突入する(笑)。

まずは楽しみながら水に慣れるのが大切です。

ここで無理やりもぐらせようとすると、逆にお水が大嫌いに…。
「楽しい」からこそできるようになっていきます。

慣れたところでいよいよ、おしりぺったん。
お水に慣れた子どもたちは、おしりぺったんが大好き。手足を伸ばして鼻ブクしながらおしりぺったん。水の気持ち良さを感じられる瞬間です。

このあと、ボビングという水中でジャンプをする動作を習得していきます。
↓↓ボビングの動画はこちら↓↓


You Tube動画:ボビング


この練習をすることで息継ぎの初期段階の練習にもなりますし、
万が一の際におぼれないためにも必須の動きです。


お子さまに水泳を教えようとしても、いざ教えるとなるとなかなか難しいものです。
「なかなか上達しないなぁ」
そんな時はスイミングスクールにお任せください!

どんどん成長していくお子さまに感動です!


担当:エイム21店



投稿日時 2016年11月30日