エイムブログ「スリーミニッツ」

お正月疲れ解消!ストレッチのススメ

あけましておめでとうございます!
本年も、フィットネスクラブエイムをよろしくお願いいたします。

皆さま、良いお正月を過ごすことができましたか?
年末の御馳走三昧から、年越しそば、お雑煮、おせち、お酒、お茶菓子でも…
と、食べる量もタイミングも多くなっちゃいます。
気づけば「からだが重い…!」なんてことが繰り返され、「お正月は仕方ないよね!」と開き直ってしまう年末年始。

楽しかった分からだへの負担は意外と多いものです。



かといって、いきなり外をランニング!なんて強度の高い運動も難しい。
今年は関東地区でも雪が降ったりで、屋外の運動は億劫になりますよね。

そこでオススメなのが、自宅でもできる運動の代名詞、「ストレッチ」です。
「え、ストレッチってそんな運動になるの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、
ストレッチは意外と運動量があって、しっかりやり込めば汗ばむことも可能です!
そのためのポイントがいくつかありますので、ご紹介しますね!

1.ストレッチ前に軽く体を温める!
軽くその場でジャンプをしたり、浅くスクワットを繰り返すことで、体が徐々に温まってきます。
体の血液を循環させて、体温を少し高めた状態でストレッチを行いましょう!
30秒ほどの動きを2~3種目行うくらいがちょうど良いと思います。
夜なら入浴後、体がポカポカしているうちにストレッチを行いましょう!

2・肩甲骨、股関節など大きな関節周りからストレッチしよう!
肩を大きく回したり、屈伸運動を行うことで、大きな関節周りからストレッチしていきます。
呼吸は止めず、気持ちゆっくりめに深呼吸するようにしましょう。
背伸びをするように体の側面を意識して伸ばすことで、内蔵の位置を元に戻したり、
普段伸ばすことのない背骨や体幹側面の伸びを感じてみましょう!


肩まわし


背伸び

3.ねじる動きを取り入れよう!
背骨をぐいーんと伸ばせたら、お腹周りをねじる動きと取り入れてみましょう!
内蔵を刺激し、消化促進や脂肪燃焼効果もあります。
反動をつけずに、息を吐くときにねじり、吸って元の位置に戻りましょう。
左右差を感じることもありますが、それでOK!自分の体のクセを知る事は、健康への第一歩です。



お正月疲れ解消にオススメのストレッチをご紹介しました!
どの動きのときにも、呼吸は止めずにしっかり息は吐ききってくださいね。
背筋を伸ばして胸を広げる動きは、気持ちもシャキッとします!!

道具もなく、自宅でもオフィスでもできるストレッチなので、ぜひお試しください(^^)/


関連記事

冬の汗活!発汗するためのポイントとは?

疲労感をよくするストレッチ方法

「知ってるつもり」なヨガ用語解説!~その2~

油断禁物!暑い夏だからこそ!体の芯は冷えているかも?

本当はどんな意味?「知ってるつもり」なヨガ用語を解説!

冷え改善!ホットヨガ

最新記事

人気の記事

年別アーカイブ

タグ