「知ってるつもり」なヨガ用語解説!~その2~


以前の3ミニッツではヨガの代表的なポーズ「鳩のポーズ」をご紹介しました。
その時のブログはこちら→本当はどんな意味?「知ってるつもり」なヨガ用語を解説!

この「鳩のポーズ」は、骨盤への影響や内臓機能の調整を行い、冷え性の人にも良いと言われています。

でも、股関節・胸・肩などの柔軟性が必要となり難易度も少し高めのポーズです。

「体が硬くて難しい、、、」という方は、今日ご紹介する股関節のストレッチから始めてみましょう!


■【スプタバッダコーナアーサナ】仰向けの合せきポーズ


  1. 足の裏を合わせ仰向けになります。
  2. 両手は、起きやすい場所において、力を抜きます。
  3. 目を閉じて呼吸を整え、膝を左右に開いていきます。
  4. 両足を完全に開いたら、全身の力を抜いて、そのままキープします。


■「鳩のポーズ」のバリエーションにチャレンジ!


体がほぐれてきたら「鳩のポーズ」のバリエーションにチャレンジしてみましょう!


  1. 両膝を同じ方向に曲げて座ります。
  2. 両手を頭の後ろに持っていき、胸を開きます。
  3. 少しずつ体を倒し、肘を天井へと向けます。


最初から無理をせずに、毎日継続することで徐々に柔軟性が増していきます。
ヨガは、体の柔らかさがなくても問題ありません。
一つ一つの動作をゆっくりと確認しながら行うことで、自分の内面に向き合うことができます。

WOMENS FITNESS H&B 松坂屋パークプレイス
小山



投稿日時 2016年08月20日