【水って実はすごい】

水にはさまざまな特性があるのを知っていますか?大きく4つの特性があり、それを利用する事によって運動効果や健康効果を得る事が出来ます。簡単に、その特徴を見てみましょう。

1、浮力
一番に思いつくのが浮力ではないでしょうか。浮力がはたらく水中では、足腰にかかる負担が軽減します。そのため、リハビリや腰痛・膝痛の方、さらには体が未発達のこどもが安全に運動するのに最適です。
2、抵抗
水の抵抗は、一人ひとりの動くスピードや動く量に応じて負荷となり、筋肉や肌に刺激を与えてくれます。その人に合ったほど良い負荷で、無理のない運動ができます。
3、水温
水中では空気中の27倍も熱が伝わりやすく、体の熱が水に奪われやすい状態になります。そのため、私たちの体はエネルギーを消費して体温を保とうとします。つまり水中で運動を行う時には、運動で消費するエネルギーに加え、体温維持にもエネルギーを費やしているという事になります。
4、水圧
水圧は、水から体にかかる圧力の事です。水深が深くなるにつれ水圧も増し、足のむくみ改善に特に効果があります。また、胸辺りまで水に浸かると肺活量がわずかに減少し、少し息苦しく感じるかもしれません。その状況で呼吸をつづけると、呼吸の際に使う筋肉が鍛えられ、心肺機能の向上につながります。

ここまで、水の特性について簡単に紹介しましたが、水中で運動するメリットって意外と沢山あるように感じませんか?
しかし、水の良さは分かっても、じゃあ実際自分はどんなふうに活用すればいいのか。どんな運動があるのか。正直なところ難しく感じますね。

エイムでは、あなたにあった、あなただけの運動メニューを提案できるインストラクターがお待ちしています。こんな風になりたい、変わりたい、目標を達成したい。そんなあなたを私たちがサポートします。
エイムでお待ちしています。


投稿日時 2020年06月01日