スタッフ紹介 山内 浩生(やまうち こうせい)


現場とバックヤード、両方の仕事を経験、会員様をサポートするために最善を尽くします。

スポーツを楽しみながら活躍できるわたしにピッタリの職場

学生時代はスポーツの勉強をしてきたので、スポーツインストラクターになりたいと思っていましたがなかなか就職先を選びきれずにいました。そんなある日、先生から「今、エイムさんが来てるよ。」と話を聞き、エイムという存在を知りました。エイムのことを調べるうちにスポーツを楽しみながら活躍できるわたしにピッタリの職場ではないかと思うようになり試験を受け、入社しました。

会員様から見られない「仕事」の大切さを知った1年

入社した誰もがビックリするかも知れませんが、実は、スーツを着ている時間があるんです。会員様から見られないバックヤードでの仕事が割合多かったりします。スポーツをしたくて入社したので、最初は「何をやってるんだろう」とも考えましたが、まわりの先輩から「会員様の前に立って見られる仕事も、見られないような仕事もどっちも会員様のためには変わらない。だから同じ姿勢でやるべきだ。」という一言が新入社員だった自分の考え方を改めるきっかけになりました。最初は自分も「会員様と会う現場が一番大事」と思ってましたが、色んな仕事をこなす中で「バックヤードも会員様のための大切な場所。どちらかだけが良くてもダメだ」と思うようになりました。どちらも会員様のための本当に大切な現場だと知った1年でした。

一緒に楽しく!僕のポジティブな面は、いつもお客様からもらってます。

私の「自分磨き」。最近よく本を読むようになりました。カフェじゃなくて車の中(笑)

「自分磨き」で意識していることは、どんなジャンルでも気になった本を読むということです。最近は、「実はすごい昆虫の話」という本を読んでいます。動物や昆虫も好きなんです。仕事に役立つかは分かりませんが、自分の生き方や厚みに繋がればいいな思います。ちなみに本は家が一番読みやすいです。何度かカフェでも読みましたが周りが気になって読めないですね。むしろカフェの駐車場の車中で読むのが落ち着きますね(笑)。

会員様の「ポジティブパワー」を分けてもらってます

少しご年配の会員様に話しかけると、会員様と言うよりは人生の先輩と話している感じがします。話すうちに、考え方の大きさを実感し「自分はまだまだ若いな」と感じています。なにより先輩方は「ポジティブ」です。だから自分にとっては仕事なんですが、仕事をしている気分というよりは、ポジティブパワーを分けてもらっている感じがします。何ごとも「何とかなる」、そういう風に考えられるようになりました。

会社の未来とわたしの目標

入社した当初は、インストラクターとして会員様向けのメニューやレッスン内容を考えていましたが、少しずつ営業の仕事もするようになったことをきっかけに「会社の未来」を考えるようになりました。これをみんなに言うと笑われるんですが、エイムが海外に出店し、そこでインストラクターがしたいと思っています。今はまだ海外支店はないので、目標としてチャレンジし続けます。